車両保険では地震・噴火・津波による損害は補償されない

日本列島のあちらこちらで地震や火山の噴火が多発しています。大きな地震の後には津波もやってきます。

ところがこれらの災害において損害を被った場合には車両保険の補償適用外であることをご存知でしょうか。

地震・噴火・津波による損害の補償を受けるには別の特約を付帯しなければなりません。

地震・噴火・津波による損害を補償してくれる特約とは

車両保険には『地震・噴火・津波危険車両損害補償特約』という地震災害に備える特約がありました。

しかし東日本大震災による津波被害が甚大だったために保険会社の経営が悪化し、現在ではこの特約の新規契約はできないようです。

そこで2012年1月から損保保険各社が提供しているのが『地震・噴火・津波車両全損時一時金特約』です(地震・噴火・津波車両全損時定額払特約と呼んでいる保険会社もあります)。

車両保険では地震・噴火・津波による損害を補償してくれないので、自動車をこれらの災害から守るには地震・噴火・津波車両全損時一時金特約を付帯しておくことが必要です。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約とは

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約とはどのような特約なのでしょうか。

・補償金額の上限は50万円
・補償金額50万円の場合は年間保険料5,000円
・保険金の支払いは地震・噴火・津波で損害が生じた場合のみ
・一般車両保険(オールリスク補償)にのみ付帯が可能

補償金額の上限が50万円なので、評価額50万円以上の車であっても支払われる保険金は50万円です。

評価額が50万円以下の車の場合はその評価額までの金額が支払われます。保険料は契約者の年齢・車種。等級に関係なく5,000円です(補償金額を下げればその分保険料も下がります)。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約はその名の通り、地震・噴火・津波により車両が『全損』になったときに支払われる保険です。落石や倒木などによる傷などは補償の対象外になります。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約は必要なのか

年間保険料5,000円と低額な地震・噴火・津波車両全損時一時金特約ですが、補償金額の上限が50万円なので少し微妙な特約でもあります。

付帯しておけば安心と安易に考えることなく津波の危険性や駐車場周辺の建物の耐震性なども考慮し、総合的に判断するようにしましょう。自宅の損害保険に地震保険を付帯することを検討するなど車以外の保険にも目を向ける必要がありそうです。

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約の条件である車両保険の検討には自動車保険一括見積もりが便利です。

➤➤➤保険スクエアbang!自動車保険一括見積もり

ライター:「アンドロイド村上」
地震・噴火・津波車両全損時一時金特約は東日本大震災による被害の甚大さにより新たに設けられた特約ですが、補償内容を見てお分かりのように決して万全な補償内容とはいえません。近年は様々な自然災害が多発しているので、総合的に判断して保険を見直す必要がありそうです。
おすすめの記事