視界を妨げて危険なフロントガラスの油膜は除去しないと取れない

雨天時にフロントガラスがギラギラして見にくい経験をしたことがありませんか?これは『油膜』と呼ばれるものです。

ワイパーゴムを新しくしたのにビビり音が出てウインドウをきれいに拭いてくれないなどの原因にもなったりします。

油膜は放っておけばいつか自然に取れるものではありません。油膜が付着する原因と除去方法を説明していきましょう。

車のフロントガラスに付いた油膜の取り方・除去方法【コンパウンド】

頑固な油膜の原因はオイルやワックスなどのシリコン付着

油膜の主な正体は、他車が排出した排気ガスに含まれているエンジンオイルや、自車のボディから流れ落ちたワックスなどのシリコン成分が原因です。

このシリコンがフロントウインドウに付着すると油膜になりますが、非常に頑固なためにスポンジやウエスで擦る程度では除去することができません。

油膜は油膜除去剤やコンパウンドを使用して落とします。

雨天時にワイパーがビビるのも油膜が原因です。油膜除去後にビビりが発生したワイパーゴムを交換しないとゴムに付着している油膜を再びフロントガラスに塗り拡げてしまうので注意しましょう。

衝突被害軽減ブレーキが付いた車では油膜が機能低下に繋がることがあるのでこまめな除去が必要です。

フロントガラスに付いた油膜の取り方

軽度の油膜であればフロントガラスを中性洗剤で洗えば落ちます。簡易的な方法としてウーロン茶を含ませたウエスや古新聞紙を濡らしてフロントガラスを拭くと油膜を除去することができます。

頑固な油膜の場合はコンパウンドが入った『油膜取り』を使って油膜を削り落とす必要があります。

Rakuten(楽天)

➤➤➤油膜取り【楽天】

Amazon.co.jp

➤➤➤油膜取り【Amazon】

油膜取りでフロントウインドウの油膜を除去していくと次第に弾かなくなっていきます。

油膜取りが弾いているときはまだ油膜が落ちていない状態なので、フロントウインドウ全面がムラなく弾かなくなるまで丁寧に根気よく油膜を落としていきましょう。

作業が終わったらフロントガラスを水で洗い流します。油膜が取れていれば水がベタっと拡がりますが(親水状態)、油膜が残っていると水を弾いてしまいます。

親水状態が好きな人はこれで作業終了ですが、『ガラス撥水剤』でコーティング加工をすると水玉になって弾くようになります。

Rakuten(楽天)

➤➤➤ガラス撥水剤【楽天】

Amazon.co.jp

➤➤➤ガラス撥水剤【Amazon】

撥水剤の塗り込みもムラなく行うようにしましょう。サイドウインドウやドアミラーにも撥水コーティングしておくと雨天時の視界確保がしやすくなります。

油膜が付着したワイパーゴムを使用するとせっかく除去した油膜が再び付いてしまうので、油膜除去と撥水コーティングを施工した段階でワイパーゴムを新品に交換することをおすすめします。

油膜ギラギラでの運転は目が疲れるし、特に夜間は対向車のライトを乱反射して危険です。定期的に油膜除去して快適ドライブを楽しんでください。

ライター:「アンドロイド村上」
ウインドウから見える景色がボケていたり対向車のライトを乱反射すると運転に集中できなくなりますし、ワイパーがビビりだすと精神的にもイライラしてしまいます。油膜が付いたフロントガラスは何ひとつ良いことがありませんので、徹底的に除去してクリーンな視界を確保しましょう。
おすすめの記事