右折のタイミングがつかみにくい、右折が苦手なドライバーは多い

免許とりたての初心者はもちろん、ベテランドライバーでも意外と多いのが『交差点右折苦手』です。

特に右折信号のない交差点で右折待ちをしていると『早く曲がりたいけど対向車とのタイミングがつかめない』『信号が変わりそうで後続車に急かされている感じがする』など緊張してしまうことが多いようです。

そこで今回は交差点で右折するときのコツを学んでみましょう。

※右折信号がある片側2車線以上の交差点では右折信号に従うだけなので省略

車で交差点を右折するときのコツ・タイミング・苦手

車は車線に沿って真っすぐにして待機する

右折待ちに入るときにはハンドルを切らず、真っすぐに交差点の真ん中に進入します。斜めに停止してしまうと車の右先端が対向車にぶつけられる恐れがあります。

斜めに停止すると幅をとるので後続車の迷惑になります。もし後ろから追突されると対向車線に押し出されてしまうので大変危険です。なお、道路に右側に誘導するラインが引かれているときにはライン通りに進んで停止します。

対向車が通り過ぎてからハンドルを切る

対向車が通り過ぎたり、対向車の充分な間隔を確認したらハンドルを右に切って前進します。このときの注意点は『対向車のスピードの見極め』です。

自分が思っていたより早く対向車が接近してくると焦りますし、なによりも正面衝突する可能性があります。特にオートバイなどの2輪車は想像以上に早く近づいてきますので慎重な見極めが必要です。

また、対向車の影から2輪車が直進してくることもあるので、対向車が右折を譲ってくれても決して急いで曲がろうとしてはいけません。

右折のときは歩行者や自転車に要注意

対向車とのタイミングが計れたとしても慌てて右折してはいけません。交差点の先に歩行者や自転車が通行していないか確認しましょう。

もし右折を開始してから歩行者を発見して停止した場合、対向車が突っ込んでくる恐れがあります。対向車もまさか目の前の右折車が止まるとは思っていないので衝突したときには大事故に繋がります。

そうならないためにも右折を開始する前には、自分が進入する先の横断歩道に歩行者や自転車が通行していないことをしっかりと確認してから曲がり始めるようにしましょう。

交差点での右折のコツは以上ですが、とにかく安全を最優先するようにしましょう。そして焦らないことです。たとえ後続車に急かされようとも気にせずに落ち着いて右折しましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
交差点での右折が苦手な人の多くが焦り過ぎの傾向があるようです。急いで通過しようとすれば事故になる確率も上がってしまいます。気持ちに余裕を持って、ひとつひとつの動作を確実に行うようにしましょう。
おすすめの記事