車を運転中についついイライラしてしまうのを治したい

自分の思い通りに運転できないとストレスを感じ、イライラしてしまうことがありますね。他のドライバーの運転方法や渋滞などが原因で感情的になってしまうこともあります。

しかしあまりにもイライラすると運転に集中できずに危険ですし、自分自身が他のドライバーをイライラさせる原因になってしまうことがあります。

そこで今回は運転中のイライラを解消する方法を紹介していきます。

運転中のイライラを解消する方法・考え方【ストレス・煽り・渋滞】

運転中にイライラしてしまう原因とは

道路には乗用車だけでなくバスやトラック、バイクなど様々な種類の乗り物が走っています。もちろんそれらを運転するドライバーも様々です。中には自分とリズムが合わない人もいるので、イライラしたりストレスを感じてしまうようです。

  • 煽ってくる
  • 車間距離が極端に短い
  • 無理な割り込み
  • なんでもない直線路でのブレーキの多用
  • スピードの波が激しい
  • あまりにも低速での走行
  • ウィンカーを出さない、直前で出す
  • 渋滞での路肩走行

他のドライバーのこんな運転にストレスを感じるようです。

乱暴でマナーが悪いドライバーに対してストレスを感じることが多いようですが、自分自身がイライラを募らせた結果、自らもマナーが悪い危険運転をしてしまってはいけません。

多くのドライバーが悩んでいる運転中のイライラはどうしたら解消するのでしょうか。

運転中のイライラを解消する方法とは

多くのドライバーが運転中にストレスを感じているようですが、ベテランになればなるほど上手な解消法を心得ているようです。

ガムやアメを舐める、コーヒーなどを飲む

ガムを噛んだりアメを舐める行動がストレス解消になったり、甘いものを摂ることで心が落ち着く効果が期待できます。

コーヒーに含まれるカフェインにも鎮静作用があり気分をリラックスさせます。

音楽を聴いたり歌ったりする

信号で停まったときに隣のドライバーの口がパクパクしているのを見たことがあると思います。

意外と多くの人が行っているイライラ解消法が音楽を聴いたり、歌ったりする方法です。

ただし大声で歌うときには窓が閉まっているのを事前に確認するようにしましょう。単純に叫んだりするだけでも気分がスッキリしますね。

ストレッチをする

運転中に溜まった疲れは、信号待ちや渋滞で停車しているときなどに軽いストレッチをして体を動かしましょう。

肩を上下させたり、首を回す、手足や背筋を伸ばすなどが効果的です。

停車中にストレッチをするときには、サイドブレーキを掛けてギアをニュートラルに入れておくことを忘れないようにしましょう。

長距離の運転では2時間程度運転したら、車外に出て体を動かすと眠気も覚めてベストです。

イライラに効くツボを押す

イライラに効果があり、リラックスできると言われているツボを刺激してみましょう。

『新門』・・・小指の中心から手首の横シワに向けて真下に辿っていった交点にあるツボが新門です。親指で強めに円を描くように押してみましょう。

『手心』・・・手の平の真ん中にあるのが手心です。親指を手心に当て、手心を中心に「の」の字を書くようにしてツボを刺激します。

危険運転をするドライバーを哀れに思う

ぶっちゃけこの方法が一番いいです(笑)

もう「かわいそうなヤツだな」とか「普段の生活がうまくいっていないんだろうな」などと哀れんでやったらいいと思います。

危険運転をするドライバーへ対抗心を持たずに、少し大人の立場に立って相手を哀れに思うだけで不思議とイライラが消えていきます。

対抗心が湧いたり仕返しを考えているようでは所詮自分も同じ穴のムジナだと思いましょう。

運転中にイライラしてもなにも良いことは無い

運転中にイラついても良いことは何一つありませんよね。ここまで書いてきたようなことで解消してもいいし、自分なりの信念を持つことでイライラをコントロールすることもできます。

渋滞などが事前に分かっている場合は違う道を通ったり、時間をずらすことで混雑を避けられるという方法もあります。多くのドライバーが利用する道路上では、自分の行動基準が通用しないことがほとんどです。

他人の行動にいちいち目くじらを立てないで振り回されないようにする考え方が、一番のイライラ解消法と言えるでしょう。

ライター:「アンドロイド村上」
いくらイライラしたとしても法を犯すような危険運転をしてはいけません。世の中にはいろいろな考え方をする人がいますが、あまり干渉せずに受け流す余裕を持つことでストレスが溜まりにくくなり、イライラすることが解消されるでしょう。ドライブするなら気持ちよく運転したいですしね。
おすすめの記事