中古車を買う前には可能な限り試乗をしよう

各ディーラーには試乗車が用意されています。しかし中古車の場合は現車を売るので試乗車というものはありません。

そのため、現車を試乗することになりますが必ずしも試乗できるとは限りません。中古車を買った後のトラブルを防ぐためにも試乗について知っておきましょう。

中古車を買うときには現車の目視確認と共に、試乗することをおすすめします。購入予定の現車に試乗して、乗り心地やエンジンなどの状態、各部の状況など走行させないと分からない部分を確認することができて、その車を本当に買ってもいいのかの判断ができます。

中古車を購入する上で避けたいことは、買った後のトラブルです。多少遠くても足を運んで現車確認試乗をしたほうがいいですし、状態が悪い『ハズレ車』を買ってしまう心配も少なくなります。

中古車を試乗するときの注意点・ポイント

店頭に並んでいる中古車の全てに試乗できるとは限りません。中には全く試乗をさせない中古車店もあります。

中古車は1台ずつ状態が違います。当然ながら車検切れの車があったり保険に入っていない車もあります。このような車両の場合には公道を走行できないので、試乗を断られてしまいます。

また、ナンバーが付いていて車検残がある車でも試乗させないこともあります。

これは高額車希少車などで多くあることですが、試乗をする人がどの程度の運転スキルを持っているか分からないので、大切な商品を傷や事故から守るために試乗させないケースがあります。

このように試乗ができないこともありますが、もし試乗が可能ならば積極的に乗ってみましょう。

中古車に試乗するときの注意点

まず確認しておきたいことは試乗できるかどうかです。試乗が可能でも、いきなりその場でOKしてくれることは稀なので予約をしておきましょう。

中古車販売店に行くと分かりますが、中古車は敷地内にびっしりと置かれていることが多く、試乗可能状態にするまでに時間が掛かるためです。特に遠方の中古車店に出向く場合には予約が必須です。

試乗はあくまでも現車の状態を確認する意味での走行なので、限界を試すものではありません。急ハンドル、急ブレーキ、急加速などは厳禁です。このことは常識のある社会人なら当たり前のことですが、契約前の車両は中古車店のもので商品なので丁寧に扱いましょう。

当然ですが、試乗中に事故を起こしたら全ての責任を負うことになります。

試乗で確認しておきたいこと

  • ハンドルがブレないか。車が真っすぐ進むのか
  • ブレーキの効きは確かか、真っすぐ停まるか、異音がしないか
  • アクセルに対してエンジンが反応するのか、異音がしないか
  • AT車ならシフトアップ&ダウンがスムーズに行われるか、MT車ならクラッチに滑りや異常がないか
  • メーター類やエアコン、パワーウインドー、エアコンなどの装備類が問題なく作動するのか

試乗をして不安なことや質問があれば店員に聞いてみましょう。ちゃんとした中古車販売店なら修理などで解決できる不安要素は対策してくれますし、質問にはきちんと答えてくれます。

逆に曖昧な返事をする店は信用できないので避けるべきでしょう。中古車は高い買い物なので納得のいく良い買い物をしたいですね。

中古車を選ぶときには中古車情報サイトで検索してから試乗の予約をしましょう。

➤➤➤人気車ランキング 【カーセンサーnet】

ライター:「アンドロイド村上」
新車と違って1台1台が異なる中古車は見極めが重要です。車は走るためのものなので見た目だけで判断せず、できる限り試乗して状態を確認しましょう。後々のトラブルを避けるためにも試乗は大切です。
おすすめの記事