意外と多い燃料を間違えた誤給油

突然ですがあなたの車に入れる燃料の種類をご存知ですか?普段フルサービスのガソリンスタンド(GS)にしか行かない人がセルフサービスのGSに行ったときに起こしがちなミスが『燃料の誤給油』です。

ガソリンスタンドには『レギュラーガソリン』『ハイオクガソリン』『軽油(ディーゼル)』の3種類の燃料が売られていますが、安いからという理由でガソリン車に軽油を入れたり、軽自動車だから軽油という誤った認識で給油をしてしまう人がセルフサービスGSの普及と共に増えてきたようです。

ガソリンと軽油を間違えて車に給油したときの対処方法

ガソリン車に間違えて軽油を給油するとどうなるのか

ガソリン車に軽油を誤給油した場合どうなるのでしょうか?

燃料タンクや配管に残っていたガソリンによってしばらくは普通に運転可能

軽油が混ざったガソリンが供給され始めるとアクセルを踏んでもエンジンの反応が鈍くなり、回転が不安定になっていく

残っていたガソリンがなくなって軽油のみの供給になるとマフラーから黒煙を吹いたりノッキングが起きたりした後、エンジンストップ

誤給油してもすぐに気付けば燃料タンクの燃料を入れ替えることで大きなトラブルには繋がりませんが、エンジンが停止するまで運転を続けた場合は修理費用が高額になる恐れがあります。

軽油(ディーゼル)車にガソリンを誤給油した場合は深刻なトラブルとなることも

軽油(ディーゼル)車にガソリンを間違えて給油したときも燃料タンクや配管に残っていた軽油によってしばらくは普通に運転できます。しかしノッキングとマフラーからの白煙が確認されるまで乗り続けたら事態は深刻です。

ディーゼル車の燃料噴射ポンプは軽油の潤滑性を利用して潤滑していますが、ガソリンには潤滑性がないので燃料噴射ポンプが故障・破損してしまうことがあります。

ガソリン車に軽油を誤給油した場合よりも大規模な修理になり、費用も高額になるので軽油(ディーゼル)車にはガソリンを絶対に入れないようにしましょう。

もし誤給油をしてしまったときにはエンジンを掛けず、速やかに燃料の入れ替えをします。

なお、レギュラーガソリン車にハイオクガソリンを入れたり、ハイオクガソリン車にレギュラーガソリンを入れても若干、燃費が悪化する程度で特に問題はありません。

参考記事:ハイオクとレギュラーで燃費に違いがあるのか

給油間違い防止リングで誤給油を防止する

ガソリンスタンドの給油ノズルは燃料の種類により色が決められています。

・レギュラーガソリン→赤色
・ハイオクガソリン→黄色
・軽油(ディーゼル)→緑色
・灯油→青色

給油の際に油種の間違いを防止するリングが販売されています。

給油間違い防止リング

自分の車の油種を確認し、その色のリングを車の給油口に嵌めて使用します。ガソリンスタンドで給油するときに給油ノズルがリングと同じ色か確認して給油すれば誤給油を防止できます。

ガソリン仕様と軽油(ディーゼル)仕様が存在する車種ではフルサービスのガソリンスタンドでも店員が思い込みによる誤給油をしてしまうことがありますので、面倒でも運転席から降りて給油前に確認することをおすすめします。

ライター:「アンドロイド村上」
灯油は別の場所に設置されていることが多いのであまり間違えることはありませんが、レギュラー・ハイオク・軽油は横並びにノズルが並んでいるので注意しましょう。もし誤給油してしまったときには慌てずにガソリンスタンドの店員に相談しましょう。
おすすめの記事