日本人で初めて年間を通じてF1レースに参戦したドライバーが中嶋悟

1975年に鮒子田寛が日本人として初めてF1レースに参戦して以来、桑島正美、長谷見昌弘 、 高原敬武 、星野一義 、高橋国光がF1にチャレンジしたものの、いずれもスポット参戦で終えていました。

1987年にF1ドライバーとしてデビューした『中嶋悟』はそれまでの日本人ドライバーがどうしても手が届かなかったF1レギュラーシートを掴み取り、1年間を通じてF1世界選手権を戦うフルタイムドライバーとして活躍した選手です。

日本人初フルタイムF1ドライバー中嶋悟【アイルトン・セナ】
出典:http://www.epson.jp/sponsor/nakajima/racing_gallery/

全日本F2チャンピオンからロータスF1チームのレギュラードライバーに

1981~82年、1984~86年に全日本F2選手権チャンピオンを獲得した中嶋悟は、1984年からホンダF1エンジンのテストドライバーとなる。

当時のエンジン供給先であったウィリアムズのマシンをドライブ、1987年にロータスにもエンジン供給されることが決定しF1ドライバー中嶋悟が誕生しました。

ロータス99TホンダにてF1選手権への参戦を開始した中嶋悟ですが、1987年アイルトン・セナ、1988~89年ネルソン・ピケ、1990年ジャン・アレジ、1991年ステファノ・モデノと、超有名なF1ドライバーたちとチームメイトになりF1レースを戦っています。

日本人F1ドライバーのパイオニアとして活躍後は後進の育成にあたる

1987年からF1ドライバーとして活躍した中嶋悟は1991年シーズン終了と同時に引退するまで計2チームに在籍していました。

日本人初フルタイムF1ドライバー中嶋悟【アイルトン・セナ】
出典:http://www.epson.jp/sponsor/nakajima/racing_gallery/

1987~89年 ロータスF1チーム所属
1987年 ロータス99Tホンダ(チームメイト アイルトン・セナ)
7ポイント獲得 最高成績イギリスGPでの4位入賞

1988年 ロータス100Tホンダ(チームメイト ネルソン・ピケ)
1ポイント獲得 最高成績ブラジルGPでの6位入賞

1989年 ロータス101ジャッド(チームメイト ネルソン・ピケ)
3ポイント獲得 最高成績オーストラリアGPでの4位入賞、ファステストラップ1回

日本人初フルタイムF1ドライバー中嶋悟【アイルトン・セナ】
出典:http://www.epson.jp/sponsor/nakajima/racing_gallery/

1990~91年 ティレルF1チーム所属
1990年 ティレル018&019フォード(チームメイト ジャン・アレジ)
3ポイント獲得 最高成績アメリカ、イタリア、日本GPでの各6位入賞

1991年 ティレル020ホンダ(チームメイト ステファノ・モデノ)
2ポイント獲得 最高成績アメリカGPでの5位入賞

5年間に渡りF1ドライバーとして活躍した中嶋悟は80回出走(決勝進出74回)、通算獲得ポイント16点、最高成績4位(2回)、ファステストラップ1回という成績を残してレーシングドライバーから引退しています。

引退後の中嶋悟は自身のレーシングチーム運営の傍ら、プロのレーシングドライバー育成で有名な『鈴鹿サーキットレーシングスクール』の校長に就任。佐藤琢磨、山本左近など多くのプロドライバーを輩出しています。

参考記事:レーシングドライバーになるための学校・スクール【レーサー養成】

また、実の息子である中嶋一貴と中嶋大祐は父の跡を継ぐべくプロのレーシングドライバーになり、2016年現在では両名ともにスーパーフォーミュラのドライバーとして活躍しています。

ライター:「アンドロイド村上」
それまでなかなかF1への進出ができなかった日本人ドライバーですが、中嶋悟により門戸が開かれました。その後の鈴木亜久里、佐藤琢磨、小林可夢偉など日本人ドライバーがF1で活躍する礎を築いたのは中嶋悟であることは間違いないでしょう。
おすすめの記事