車好きが集まるサイト With-Car.com | 自動車好きがクルマに関するブログ記事を投稿

新着記事一覧

ヘッドライトバルブの種類によって交換時期が異なる 夜間走行の必需品であるヘッドライトにはふたつの役目があります。ひとつは車の前方を明るく照らすことによる視界確保です。もうひとつが自車の存在をアピールする役目です。 ヘッド …

廃車をディーラーの下取りに出すとプラス査定になる理由

査定ゼロの廃車寸前の車なのに数万円の値段がつく理由 車の買い替え前に買取店へ査定を依頼した結果、査定ゼロだったらがっかりしますよね。たしかに軽く10万キロを超えている低年式車なので仕方ないかもしれません。ところがディーラ …

初心者マークの意味や表示義務期間【もみじマーク・罰則】

初心者マークには意味や表示義務期間がある 走行中の車に初心者マークが貼られているのを見かけることがある。運転免許取り立てで初心者であることを周囲にアピールするためのマークだが、周囲を走行中の車も初心者マークを見かけたら配 …

スタッドレスタイヤの交換時期や寿命の判断方法を教えて

スタッドレスタイヤの交換時期や寿命の判断方法に関する質問   スタッドレスタイヤは経年劣化による性能低下が激しい 本格的な冬が近づいてくるとスタッドレスタイヤの出番です。中には1年中スタッドレスタイヤを履きっぱ …

国内でも運用開始されたラウンドアバウトとは【環状交差点・メリット・デメリット】

ラウンドアバウトの特徴は信号を必要としないこと 2014年9月から国内でも運用を開始した『ラウンドアバウト』をご存知だろうか?環状交差点とも言われ信号がないことが特徴で、今後は増加することが予想されている。しかし通過方法 …

仕事中や通勤途中の交通事故で労災保険を使うには

仕事中や通勤途中の交通事故は労災になる 仕事中や通勤途中における交通事故は、勤務中の事故として扱われて労災の対象になります。そのような場合は労災保険の申請を忘れないようにしましょう。自分が被害者であれば、加害者の自動車保 …

MT車のメリット・デメリット【AT・CVTと違う点・燃費】

根強い人気があるが減少傾向にあるMT車 現在の車は95%以上がAT車やCVT車なので、マニュアル操作を要するMT車を見ることはほとんど無いですよね。MTが大半を占めていたタクシーやトラックなどの営業車、スポーツカーなどで …

中古車でもエコカー減税を受けることができる【取得税・重量税・車検】

基準と期間を満たせば中古車でもエコカー減税が適用される 平成21年度から始まった『エコカー減税』は、排出ガスや燃費基準などをクリアした車の税金を軽減する制度です。エコカー減税は新車しか受けることができないと思われています …

ホンダ 新型ステップワゴン 2017年のマイナーチェンジでハイブリッドモデル追加か

販売台数に伸び悩むステップワゴン 2015年4月にフルモデルチェンジしたステップワゴンですが、販売台数が伸び悩んでいるようです。ホンダ車の中でも売れ筋車種であるステップワゴンは販売台数で1位に輝いたこともある人気ミニバン …

車のシートカバーのおすすめ・人気メーカー

愛車を簡単にドレスアップできるシートカバー シートカバーを装着する人が増えており、子どもがいるファミリー層やおしゃれに敏感な女性から人気を集めているようです。シートカバーには様々な種類があり、安価な合成皮革から高価な本革 …

車のエンブレムの剥がし方・外し方・交換方法

車に付いているエンブレムを自分で外したり交換できるのか 車にはトヨタや日産などのメーカー名や車種などを表すエンブレムが付いています。ところがメッキされているのが気に入らないとか、輸出仕様のロゴに変えたいなどの理由でエンブ …

ディーラー下取りで発生する下取り諸費用や査定料【値引き】

ディーラーで車を下取りしてもらうと費用が掛かる 車をディーラーで下取りしてもらうときには、車の見積り交渉は下取りなしで値引きを引き出す【買取査定】にも書いてあるように、下取り前提で購入予定車の見積をもらわないなどの工夫を …

信号機の色の意味や並びが決まった理由とは

なぜ信号機の色が緑・黄・赤になったのか 街中に住んでいれば必ず目にするのが信号機。車の免許の有無、老若男女に関わらずみんなが信号機の色の意味を理解し、守ることで交通の秩序が保たれている。何気なく見ている信号機だが、なぜ緑 …

車の給油ランプが点いてから何キロ走れますか

車の給油ランプが点いてから何キロ走れるのかという質問   給油ランプが点灯してもすぐにはガス欠しないが何キロ走れる保証はない 運転中に給油ランプが点き始めると少しドキッとしてしまいますよね。特に高速道路のサービ …

AT車を運転するときにはクリープ現象に注意

AT車特有のクリープ現象を理解していないと事故に繋がることも AT車を運転するときには、シフトがPまたはN以外に入っている状態でエンジンが掛かっていれば、アイドリングでも車が動くのでブレーキを踏まないと完全停止ができない …