車のバッテリーを自分で交換する方法【簡単DIY】

車のバッテリーを自分で交換する方法【簡単DIY】

高いと思われている車のバッテリーも自分で交換すれば安い

普段、あまりボンネットを開けない人がガソリンスタンドやディーラーでの点検時にバッテリーの交換をすすめられて、費用の高額さにビックリすることがあるようです。

しかしバッテリー本体の値段は意外と高くないので、自分で交換すればかなり節約することができます。

バッテリーの購入なら国産車から輸入車まであらゆる車種に対応したラインナップを誇る『カー・エイド』をおすすめします。



【激安バッテリー市場】

気になる廃バッテリーも無料で回収してくれます。

バッテリー交換の目安

  • バッテリー液の減りが早い
  • 最近のバッテリーは液面がほとんど変化しませんが、急激に液面が下がるようなら早急にバッテリー交換をしたほうがいいでしょう。

  • 力強さがない
  • エンジンを掛けるときにスターターの音に力強さがなかったり、アイドリング時にヘッドライトを点灯したままエアコンをONにしてライトが暗くなるなどの現象が発生したらバッテリーの交換時期です。

  • そのときは直ったとしても一度上がったバッテリー
  • 一度、上げてしまったバッテリーは充電しても再び上がりやすいので注意しましょう。また、季節の変わり目(特に冬が近づく頃と夏が近づく頃)はバッテリーが突然死しやすいので要注意です。

このようなときには早めに交換バッテリーを用意して交換に備えましょう。

簡単に自分でバッテリーを交換する方法

簡単に自分でバッテリーを交換する方法

交換バッテリーを用意しよう

まずは車のバッテリーの品番を確認します。車のボンネットを開けてバッテリーを見るか、取扱説明書を確認して適合するバッテリー品番を確認しましょう。

品番は『40B19R』のように表示されています。

  • 最初の数字(ここでは40)がバッテリー容量です。
  • 次のアルファベット(ここではB)はバッテリーの寸法と端子形状を表しています。この記号が異なるバッテリーとは交換できないので必ず同じ記号の物を選びましょう。
  • 次の数字(ここでは19)はバッテリーの長さです。この場合は19cmになります。この数字も同じ物を選ぶようにします。
  • 最後のアルファベットは『R』か『L』のどちらかが表示されています。マイナス端子の位置が右か左かを示しているので、同じ記号の物を選ばないと配線コードが届かなくなって使えないので注意しましょう。

まとめると、交換用バッテリーは最初の数字(ここでは40)以外は全て同じ表示の物を用意することがポイントになります。

※容量の数字は多少前後してもOKですが、基本的には同じ物を選ぶようにしましょう。
※上記はJIS型式での見方です。欧州車用バッテリーは表示が異なります。

バッテリーを交換する手順

バッテリー交換で使用する工具はスパナです。ほとんどの車種で10mmスパナがあれば大丈夫ですが、念のためにサイズを調べて適合するスパナを用意しましょう。なお、メガネレンチはショートしたときに外しにくい可能性があるのでオープンスパナを使用しましょう。

他には保護メガネとゴム手袋を用意します(軍手不可)。

※走行直後のバッテリーはガスが発生していたり、熱を持っているので30分ほど待ってから作業しましょう。

1.車からキーを抜きます

2.バッテリーのマイナス端子から外し、次にプラス端子を外します ※順番に注意!

車のバッテリーを自分で交換する方法【簡単DIY】
バッテリーのプラスマイナスはすぐわかります。

3.金具を外してバッテリーを交換、そのあと固定します ※このとき底面にあるトレーを掃除しておくと良いでしょう

4.プラス端子を嵌め、レンチで固定する

5.マイナス端子を嵌め、レンチで固定する

バッテリーの交換は『マイナスで始まりマイナスで終わる』のが絶対条件です。ほとんどの車両はマイナスアースになっているので、プラス端子から外そうとして工具がボディに触れてしまうとショートします。最悪の場合は車のコンピューター損傷やバッテリーの爆発を引き起こしてしまいます。

バッテリーの端子や取り付け金具の固定は、動かない程度の固定力で充分です。特に端子は締め過ぎると折れてしまうので注意しましょう。

廃バッテリーの処分

取り外した廃バッテリーは適切に処分する必要があります。なお、自治体では回収してくれないので購入店に処分を相談しましょう。

カー・エイド』でバッテリーを購入すれば廃バッテリーを無料で回収してくれます。



【激安バッテリー市場】

回収業者が自宅まで廃バッテリーを取りにきてくれるので便利です。

カー・エイド』のサイトにはバッテリーの適合表や車種別バッテリー交換動画があるので、しっかり調べてから購入することができます。

※交換作業に自信が無い人はディーラーや修理工場などに依頼しましょう。なお、ご自身での交換作業に伴う怪我や損害は当サイトでは一切関知しないので自己責任による作業をお願いします。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

最近はアイドリングストップによって電装品の負担増になるので、バッテリーが酷使されやすくなっています。何の前触れもなくバッテリーが突然死することあります。出先でバッテリートラブルを起こすと結構な費用が掛かるので、早めの交換が結局は安上がりになりますよ。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。