車を運転していてまっすぐ走れない原因【対策・コツ】

車を運転していてまっすぐ走れない原因【対策・コツ】

運転がフラフラして怖いといわれたことないですか

車を運転していると、まっすぐな道なのにフラフラと蛇行している先行車を見かけたことがないだろうか。まるで飲酒運転のようなふらつき度合いに、思わず車間距離を開けてしまった経験を持つ方も多いと思う。

ところが同乗者から「あなたの運転もフラフラしていて怖い」といわれたら思わず「そうなの?」と聞き返してしまうだろう。車のふらつきは運転している本人が気づきにくいやっかいな現象で、意識を変えないと一生直ることがない症状なのだ。

車がふらつく原因は近くを見すぎているから

車を運転していてまっすぐ走れない原因【対策・コツ】

このようにまっすぐな道を走行中にどこを見て運転しているだろうか。

車を運転していてまっすぐ走れない原因【対策・コツ】

もし車の直前に視線を置いているようなら、それがふらつきの原因だ。近くを見ながら運転していると、曲がって走っていることに気づくのが遅れる→車線から外れそうになりあわてて進路を修正する、これの繰り返しで車がフラフラしてしまう。

道路の左寄りなのか右寄りなのか、自分が走っている位置が分からない人も近くを見すぎているのが原因。

車を運転していてまっすぐ走れない原因【対策・コツ】

ふらつきを直すには画像の丸印あたりの遠くを見るように意識してみよう。遠くを見ながら走っていれば進路を修正するときもその位置に着くまでに修正すればいいので、あわてずにゆったりと進路修正ができるようになる。当然ながら修正に必要なハンドル量が少なくて済むので、ふらつきは出ないはずだ。

車を運転していてまっすぐ走れない原因【対策・コツ】

中央線や路肩に近づいてしまうのは、そこを意識して見ているから。人間は見ている方向に行きたがる習性があるので、中央線に意識がいくとそちらの方向に車を向けてしまうのだ。

そのようなときには車の中心に矢印があると思って、矢印の先端に視線を置きながら中央線や路肩を意識してみよう。そうすれば道路の中央寄りを走行できるようになると思う。

キープレフトといわれるけど、これはフラフラせずにまっすぐ走れるようになってからの話し。まずは道路の中央寄りを意識せずに走れるようになってもらいたい。

車がまっすぐ走らなくなったら脚周りの点検が必要

自動車はハンドルから手を離していてもまっすぐに走ろうとする直進性という特性があるので、肩の力を抜いて軽くハンドルを握っていればまっすぐ走るはずだ。

しかしハンドルを左右どちらかに切った状態でないとまっすぐ走らないときは、車の脚周りに異変が生じている可能性が考えられる。

車がまっすぐ走らないのは大きく3つの原因が考えられる。

・ホイールアライメントの狂い
・大きな事故を経験していて完璧に直っていない
・ハンドルの取り付け位置がズレている

中古車で購入した車で、買ったときからまっすぐ走れなかったら、大きな事故を経験した車の可能性がある。しかし今までまっすぐ走れたのに、ハンドルを修正しないとまっすぐ走れなくなったときはホイールアライメントが狂った可能性が考えられる。

ホイールアライメントは縁石にタイヤを擦っただけでも狂うことがあるので、思い当たる節があればディーラーや修理工場、タイヤ店に行ってホイールアライメント修正を頼んでみよう。

ハンドルがセンターになくても車がまっすぐ走るときは、ハンドルの取り付け位置がズレているだけなので、気になるならディーラーや修理工場で直してもらおう。

この記事を書いた著者:「こだわりの車好き:naoto」

車の運転がフラフラする人は、自転車に乗るときや歩いているときもフラフラしている傾向があるようだ。これはすべて視線が近すぎるのが原因。車をまっすぐ走らせられない人は日頃の日常生活でも顔を上げて、遠くを見るように意識してみてはどうだろうか。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。