エンジンブレーキを上手に使って安全運転【ハイブリッド車】

エンジンブレーキを上手に使って安全運転【ハイブリッド車】

エンジンブレーキを積極的に使って安全運転

車の運転で最も理解できないのが『エンジンブレーキ』なのではないでしょうか。自動車学校でもいきなり「エンジンブレーキを使え」と言われて戸惑った方も多いと思います。たしかに足で踏むブレーキのように、ペダルなどの存在がないエンジンブレーキなので、初心者ドライバーが悩むのも当然です。ベテランドライバーでも本当の意味を理解していない人が多くいるようです。ここではエンジンブレーキの意味や上手な使い方を解説していきます。

エンジンブレーキとはどんなブレーキなのか

エンジンはアクセルを踏むと回転が上がって車が加速します。反対にアクセルを戻すとアイドリング回転に落ちようとします。このアイドリングに下がろうとする現象を利用するのがエンジンブレーキです。

たとえばギアがニュートラルの状態では、アクセルを戻すとストンとアイドリングまで下がります。しかしギアが入った状態でアクセルを戻しても、車の重さによる慣性の影響でエンジンの回転はすぐにはアイドリングに下がらず抵抗が発生します。この抵抗がエンジンブレーキとなって車の速度を落としていきます。イメージとしては人間が下り坂をゆっくり走る時に足の回転を抑えようとする感じですね。

エンジンブレーキの上手な使い方

エンジンブレーキはアクセルを戻すことで発生するエンジンの抵抗です。フットブレーキを踏むほどでもない程度の減速に活用したり、長い下り坂でのブレーキディスク(ドラム)の過熱を防ぐためにもエンジンブレーキは有効です。MT車はもちろん、エンジンブレーキが効きにくいAT車でも2レンジに落とすなどして積極的に活用しましょう。

ハイブリッド車やCVT車でエンジンブレーキを上手に使うには

ハイブリッド車やCVT車の場合には、今までとは違った方法でないとエンジンブレーキを上手く使うことができません。

ハイブリッド車はブレーキを踏むことでモーターが発電機に切り替わって、発電した電気をバッテリーに充電していきます。このとき発電機の抵抗で回生ブレーキが掛かります。

ハイブリッド車で長い下り坂などを走行するときには、フットブレーキを軽く掛けて回生ブレーキを働かせることでブレーキディスク(ドラム)の過熱を防ぎながら充電もできます。

またハイブリッド車にはBレンジやSレンジのようなブレーキレンジがあり、強力なエンジンブレーキが必要な場面ではBレンジに入れることにより更に強いエンジンブレーキを掛けることができます。

CVT車の場合はLレンジなどに入れてもエンジンブレーキの効きはほとんど期待できません。しかしCVT車のコンピューターはエンジンブレーキが必要な場面と認識すると、自動的にエンジン回転を上昇させてエンジンブレーキ効果を生み出す制御が行われます。

そのためエンジンブレーキで足りない制動力はフットブレーキを踏んで補いますが、「数秒ブレーキを踏んだら数秒ブレーキを戻して冷ます」を繰り返して、ブレーキディスク(ドラム)を過熱させないよう注意しましょう。

レンタカーや友人の車を借りたときにハイブリッド車やCVT車であったときには、運転する前にシフトレンジの確認やエンジンブレーキの掛け方を頭に入れてから出発するようにしましょう。

この記事を書いた著者:「With-Car.com管理人:ヤス」

ひと昔前の車ならエンジンブレーキの使い方は共通して同じ方法でしたが、最近のハイブリッド車やCVT車の場合はエンジンブレーキの使い方やシフトレンジの呼び名がメーカーにより異なることがあるので注意が必要です。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。