軽自動車に車両保険は必要なのか

軽自動車に車両保険は必要なのか

維持費が安い軽自動車に保険料が高い車両保険は必要か

車両保険自動車保険の中でもっともコストパフォーマンスが低い保険です。つまり補償額に対して支払う保険料が高いということです。

中でも軽自動車は車両価格や維持費が安いことから、車両保険を付けるべきか悩んでしまいます。

軽自動車だからといって車両保険が不要とはいえない

軽自動車であっても車両保険が不要とは限りません。そもそも車両保険は車種やグレードで必要・不要を考えるものではないのです。

全面的に相手に非がある事故なら、修理代は当然相手が全額支払ってくれると思いたいところですが、現実はそう甘くありません。

無過失事故に遭って相手が無保険だったり、誠意のある対応をしてくれないケースであっても、車両保険をつけていれば自分の車を修理できます。

もちろん軽自動車の修理代くらいなら自腹で支払えるという人なら車両保険は不要です。

また年式が古くなって車両価値が下がっている場合も、車両保険はいらないかもしれません。これらは軽自動車、普通自動車に限らず同じ考え方になります。

ローン残がある車や新車は車両保険付帯が安心

新車であろうが中古車であろうが、ローンを組んで買った車は車両保険をつけたほうが安心できます。

もし大きい損害の事故を起こしてしまうと、車の修理費用とローン支払いでダブルパンチになってしまうからです。

また最近の軽自動車は200万円を超えることも珍しくなくて、新車から数年の間は車両保険をつけておいたほうが安心かもしれません。

もし保険料が気になるという人はエコノミー型車両保険を選択すると保険料を節約できます。

自動車保険を検討するときは無料一括見積もりサイトを利用すると便利です。数あるサイトの中でおすすめなのが→→→保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりです。

自分に合った自動車保険を選んで、万が一の事故に備えましょう。

この記事のライター:自動車保険サイト管理人「結城」
車両保険に対する考え方は軽自動車、普通自動車で判断するのではなく、車両価値で決めるものです。なお軽自動車の場合、車種別の科率が導入されていないので、同じ補償であれば車種が違っても保険料に大きな差はありません。