傷がついたフロントガラスの車検基準

どんなに注意していても防げないのが飛び石によるフロントガラスです。

前方が確認できないほどの大きな傷であれば諦めて交換となるところですが、注意して見なければ気づかないほどの小さな傷だとそのまま放置している人が大半かもしれません。

フロントガラスは保安基準によって車検に通るかどうかの基準が設けられています。ここでは飛び石などで傷がついたフロントガラスの車検判断について紹介していきます。

飛び石で傷ついたフロントガラスは車検に通るのか

フロントガラスの保安基準とは

フロントガラスは重要な保安部品であり、細かな安全基準が設けられています。基本的にこの安全基準を満たしていないと車検に通りません。

道路運送車両の保安基準によると、下記のように規定されています。

  • 損傷した場合、運転者の視野が確保できること
  • 容易に貫通されないこと

さらに前面ガラスと後部座席を除いた側面ガラスには下記のような規定がおかれています。

  • 透明かつ運転者の視野を妨げるようなひずみがないもの

上記2つの規定には具体的な状態が明記されていません。実際の車検においては検査官の判断次第で合否が決まります。

飛び石で傷ついたフロントガラスの判断は車検検査官次第

フロントガラスについた傷は以下の2つに大別されます。

  • 点状の小さな傷
  • 線上に拡大した傷

車検の現場でフロントガラスを厳しくチェックされるものの、見逃される傷と不合格になる傷の明確な判断基準がないのが現状です。

傾向としては、

  • 運転席の前部に位置するフロントガラスの傷は判断が厳しく、不合格になる確率が高い
  • 助手席側のフロントガラスの傷は判断が緩くて、よほど目立つ傷でない限り見逃される

このような感じになっていて、運転者の視野に入る範囲の傷に対して判断が厳しいようです。

誰が見ても分かる明らかな傷は別として、微妙な傷で車検に通るのかは、あくまでも現場の検査官次第です。

飛び石で傷ついたフロントガラスを補修する

程度にもよりますが、フロントガラスを交換せずに修理することも可能です。わずかな傷であれば傷を埋める市販の補修材を使って自分で直すこともできます。

しかしながらフロントガラスのヒビや欠損度合いによっては、DIY補修によってより悪化させてしまうことも考えられます。

フロントガラスの傷は事故の要因になることがあります。自分で修理するのが難しいと思ったら迷わず業者に修理を依頼することをおすすめします。

ライター:モータージャーナリストを目指す「Harry」
飛び石による傷を予防するのは難しく、特に高速道路をよく利用する人は多少の傷は諦めざるをえないところです。あまりにも傷が増えてきたときは、修理せずに思い切って交換してしまったほうが、精神的にも安全面から見ても健全だと思います。
おすすめの記事