輸入車の維持費やメンテナンス費用は高いのか

外車(輸入車)は維持費が高いと思っている方が多いようです。

ほとんど壊れない国産車のユーザーからしてみれば、壊れやすくて修理費用や部品代が高いイメージがある輸入車を敬遠するのは仕方ないことなのかもしれません。

しかし輸入車は維持費高いというイメージが先行している感もあります。現在では国産車とそれほど変わらないといわれていますが、実際にはどうなのでしょうか。

輸入車の維持費やメンテナンス費用は国産車より高いのか

輸入車の税金や自動車保険料は国産車と変わらない

税金や自動車保険料は車を所有する上で必ず必要な維持費ですが、輸入車国産車で差があるのでしょうか。

税金

自動車の税金は自動車税・重量税・自動車取得税などがあります。

これらの税額を決定するのは排気量や重量、購入したときの金額です。したがって税金の算出方法は輸入車も国産車も同じなので、同一条件であれば税額に差が出ることはありません。

輸入車は税金が高いと思われがちですが(特にベンツなどの大型車)、排気量が大きくて重量が重い車の税金が高くなるのは当たり前です。国産車であっても大排気量で重量級の車は税金が高くなります。

反対に小型でコンパクトな外車(輸入車)は税金が安くなります。

自動車保険

自動車保険は自賠責保険と任意保険があります。

強制的に加入義務がある自賠責保険は加入期間によって保険料が決定するので、輸入車でも国産車でも同じ金額です。

任意保険車種によって保険料が変化します。これは車種によって定められた車両科率クラスを基に保険料が決定されるからです。

車両科率クラスは車種ごとの事故割合や盗難率などが基準になって、保険料の支払い実績が高い車種ほど保険料が高額になる仕組みです。

事故の発生率が高い車種や盗難されやすい車種は、車両科率クラスが高くなって保険料が上がります。反対に事故の発生率が低くて盗難されにくい車種は、車両科率クラスが低く設定されて保険料が安くなります。

このように輸入車も国産車も、任意保険の保険料算出基準は同じなのです。

輸入車の車検や修理費用は高いのか

輸入車車検修理費用高いといわれます。ベンツやBMWを車検に出したら50万円請求されたという話を聞いたりします。

登録から10年を経過したような輸入車を車検に出したり修理すると、費用がとても高くなるのは事実です。しかし国産車でも低年式車は車検や修理費用が高くなるので、輸入車だから高いというわけではありません。

3年間無料整備サービスを利用して維持費を抑える

メルセデスベンツの正規販売店で新車を購入すると「メルセデス・ケア」というメンテナンスプログラムがついてきます。

メルセデス・ケアとはメーカーが定める定期点検やオイル交換、消耗品などを無料で行ってくれるサービスで新車登録から3年間有効です(税金などの諸費用は除く)。

さらに「メンテナンスプラス」に加入すれば初回車検時や1年ごとの定期点検の工賃、定期交換部品や消耗品が無料になります。

2008年以降に新車登録されたメルセデスベンツの中古車を購入したときは「メンテナンスプラス・ライト」に加入すると、1年点検と2年点検を1回ずつ無料で受けられて、オイルなどの定期交換部品が無料になります。

これはメルセデス認定中古車以外の非正規輸入車でも加入できます。

参考記事:メルセデスベンツの維持費は高いのか

このようなサービスはメルセデスベンツだけでなく、大半の輸入車ディーラーで展開されています。新車登録から5~6年程度までの輸入車は国産車よりも維持費が安くなることがあるのです。

輸入車でも国産車でも車を持てば維持費が掛かります。しかし輸入車だからといって極端に維持費やメンテナンス費用が掛かるとはいえません。

輸入車であっても国産車でも、工夫と努力次第では維持費を抑えることが可能です。

輸入車の維持費を抑えるコツは安い自動車保険に乗り換えることです。安い保険会社を探すときに便利なのが保険スクエアbang!自動車保険一括見積もりです。

たった5分の入力で最大で20社からの見積もりをもらえて、様々な保険会社を比較できます。

条件によっては数万円も安くなることがあるのでぜひ一度試してみましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
近年の輸入車は販売価格の内外格差が少なくなって、とてもお求めやすくなっています。人とは違う車に乗りたかったら輸入車という選択もいいですね。古い中古車でなければ輸入車であっても維持費は常識の範囲内で済みます。
おすすめの記事