車のブレーキパッドの交換時期の目安と費用・異音の原因

車のブレーキパッドの交換時期の目安と費用・異音の原因

ブレーキパッドの寿命が近づくと異音が発生する

車を構成するパーツの中でもっとも重要なブレーキ。もしブレーキが効かなくなったら危なくて乗ってられませんよね。

現在の車で主に使われているディスクブレーキは壊れにくくてトラブルが起きにくいので、メンテナンスフリーだと勘違いしている方も多いようです。

ブレーキがキィキィと鳴り始めたらブレーキパッド寿命かもしれません。

ブレーキパッドとは

ブレーキパッドとはブレーキを構成する主要パーツです。ディスクブレーキの場合、ブレーキペダルを踏んだ力がブレーキパッドをディスクローターに押し当てて、その摩擦で制動力を生み出してスピードを減速します。

車のブレーキパッドの交換時期の目安と費用・異音の原因

ブレーキは摩擦を発生させて車を減速させる装置なので、徐々にブレーキパッドが摩耗していきます。ブレーキパッドが摩耗して寿命に近づくとブレーキ鳴きとよばれる異音が発生すことがあります。

ブレーキパッドの交換時期

一般的にブレーキパッドは2~3万キロを目安に交換とされていますが、使用頻度や走行条件によって大きく違いがあります。

ブレーキパッドは新品時に約10mmの厚みがあります。これが2~3mm程度まで摩耗した時点で交換するのがいいでしょう。

ブレーキパッドが2mm程度まで摩耗するとブレーキを掛けたときにキィキィ、ゴォゴォといった異音を発生するようになります。このような異音がしたらすぐにブレーキパッドを点検してください。異音がしたまま走り続けるとディスクローターを痛めることがあります。

ブレーキパッドの交換費用

ブレーキパッドは車種によって値段の差が大きいパーツです。一般的な車種のブレーキパッドの交換費用は以下の通りです。

  • 4輪分のブレーキパッド交換費用 5,000~20,000円プラス工賃
  • 前輪分のブレーキパッド交換費用 3,000~10,000円プラス工賃

スポーツカーや高性能車などはさらに高価になることがあります。

ブレーキパッドを交換しないとどうなるのか

摩耗したブレーキパッドを交換せずにそのまま放置すると、ブレーキが効かなくなって重大な事故を起こすかもしれません。

また、摩耗したブレーキパッドはディスクローターやブレーキドラムに損傷を与えてしまい、余計な交換費用が発生してしまいます。

ブレーキパッドが摩耗したままの走行は危険な状態である上に、無駄な出費を強いられるということです。

定期的な点検を行って、ブレーキパッドの残りが3mm以下になったら交換するようにすれば、安全を確保しながら無駄な出費を抑えられます。

この記事の著者:「モータージャーナリストを目指す:Harry」

もったいないからといってブレーキパッドをぎりぎりまで使う人がいます。しかし総合的な維持費や安全面を考えると、残り3mm程度で交換したほうがいいでしょう。ブレーキパッドを含むブレーキ周りは非常に重要な保安部品なので、異音がしたら早めにプロに点検してもらうことをおすすめします。

おすすめの車買取り一括査定見積もりサイト【無料】

  1. ズバット車買取比較
    【ズバット車買取比較】中古車の無料一括査定依頼
    多数の車買い取り業者が登録されているのでココだけで売却の最高額がわかります。
  2. 楽天オート
    楽天の中古車一括査定サービス【中古車買取査定市場】 査定依頼完了
    簡単に見積もりができて、査定のみでも成約しても楽天ポイントがもらえます。
  3. 車選び.com
    車選び.com 一括査定
    車の買い取り相場がすぐにわかる。厳選された業者からの見積もりが希望ならココ。