車のリコール通知が届いたらどうしたらいいのか

ある日突然、愛車のリコール通知が届いたらどう対処すべきでしょうか。また自分の車がリコール対象車か調べる方法はあるのでしょうか。

今回はリコール通知が届いたときの対処方法について紹介していきます。

車のリコール通知が届いたらどうする【タカタ・エアバッグ】

車のリコールとは

車のリコールとは設計や製造段階における問題が発覚したときに、自動車メーカーが自らの判断で国土交通大臣に届け出を行って、対象車の回収・修理をして事故やトラブルを未然に防止する制度のことです。

リコール対象車になると自動車メーカーから通知が届く

リコールが判明したときは国土交通省がメーカー・車種を発表して、新聞やニュースで報道されます。もし自分の車がリコール対象車だった場合は、自動車メーカーやディーラーから通知が送られてきます。

しかし引っ越しのときに住所変更をしていなかったり、連絡がつかなかったりすると通知が届かないことがあります。

リコール対象車を調べる方法

自分の車がリコール対象車なのかどうかを知りたいときは国土交通省の「リコール・不具合情報検索サービス」が便利です。1993年以降に届け出されたリコール情報を検索できます。

自動車メーカーのホームページでもリコール情報を調べることができます。自分の車がリコール対象車なのか気になったときは調べてみたほうがいいですね。

自分の車がリコール対象車だったときの対処方法

リコール通知が届いたり、リコール対象車と分かったときはディーラーや通知で指定された場所に車を入庫します。

自分の車がリコール対象車でもすぐに故障したりトラブルを起こすわけではありませんが、あまり長く放置するのも考えものです。安心して乗るためにも速やかに対処することをおすすめします。

なおリコール対象車になった場合は新車購入、中古車購入を問わず、無償修理です。

タカタ製エアバッグのリコール未改修車は継続車検不可になる

異常破裂事故が発生しているタカタ製エアバッグですが、リコールに応じない未改修車が問題になっています。

国土交通省でも未改修車に対して車検時に警告文を交付するなどの改修措置を進めてきましたが、なかなか改善しないようです。

そこで今までの取り組みに加えて、特に異常破裂の可能性が高い未改修車には、継続車検の有効期間を更新しない措置を講じることが決定されました。

対象となるのは2016年4月以前にリコールの届け出がされている車両です。特に異常破裂する可能性が高いエアバッグを搭載した170万台の未改修車が対象となっています。

これらの未改修車はディーラーなどで改修を行わないと車検で有効期間を更新できなくなり、公道走行が不可能になります。

ライター:モータージャーナリストを目指す「Harry」
自分の車がリコール対象車と分かっても、関心がないのか面倒なのか、そのままにしておく方が意外と多いようです。たしかにディーラーに持ち込む手間が掛かりますが、速やかに修理に出して重大なトラブルを回避しておきましょう。
おすすめの記事