洗車機を使うとボディに傷が付くのは本当なのか

洗車の意味・正しいやり方・注意点にも書いてありますが、車にとって洗車は大切なメンテナンス作業のひとつです。

手洗いで優しく洗車するのがベストですが、物理的条件や時間がないときには、ガソリンスタンドや洗車場にある洗車機を利用する機会があると思います。

しかし洗車機で洗うとボディに傷が付くと言われていますが、果たして本当なのでしょうか。

最近の洗車機は傷が付きにくい

洗車機といえば、大きなナイロンブラシをイメージすると思います。

触ったことがある人は分かると思いますがあのナイロンブラシはかなり固いですよね。あんな固さのブラシが高速回転しながらボディを擦り続ければ傷だらけになるのは当たり前ですね。

そのため洗車機ばかり使っている車は細かい傷が無数に付いてしまい、特に黒色などの濃色系のボディはガッカリするくらい傷が目立ちました。毎日のように洗車機に掛けるタクシーなどが洗車傷の代表でしたね。

しかし最近の洗車機は進化しており、ゴムやスポンジ、布などの柔らかい素材を使用したブラシを採用したり、ブラシを使わないノンブラシタイプも登場しています。ブラシの動かし方もかなり研究され、昔の洗車機のように傷が付くことがかなり減りました。

そのため旧式のナイロンブラシが付いる洗車機を使わない限り、洗車傷は気にしなくても良いようです。しかし洗車前の汚れ具合によっては別の原因でボディに傷を付けてしまうことがあります。

洗車傷が付くのは泥や砂汚れが原因

洗車機に車を入れて洗車を開始するとまずボディ全体に水が噴射されますが、泥や砂汚れの付着が酷い状態だと最初の水洗いではこれらの汚れを落とし切ることができず、ボディに残ったままになってしまいます。

その後、洗剤などを噴射しながら回転するブラシで洗っていきますが、残ったままの泥や砂汚れをボディに擦り付けてしまうことになり、傷が付いてしまいます。

洗車傷を防ぐコツは事前の水洗い

どんなに優しいブラシを使っていてもボディに泥や砂汚れが残ったまま洗車機に掛けたら傷だらけになってしまいます。

洗車傷を防ぐには洗車機に掛ける前に水洗いして泥や砂汚れを落としてから洗車機に入れるようにしましょう。

二度手間で面倒くさいと思われるかもしれませんが洗車前に砂塵を落とすことは手洗い・洗車機に関わらず洗車の基本ですので覚えておきましょう。

付いてしまった洗車傷の消し方は

洗車傷が目立ってきたときにはコンパウンドを使って磨けば傷を消すことができます。

Rakuten(楽天)

➤➤➤コンパウンド【楽天】

Amazon.co.jp

➤➤➤コンパウンド【Amazon】

コンパウンドには様々な種類がありますが、洗車傷を消す程度ならば極細目や超微粒子のもので充分に落とせると思います。

粗い粒子のコンパウンドを使うとその後の磨き処理が大変になりますし、極細目や超微粒子で消せないほどの深い傷はコンパウンドでは消すことができませんので注意しましょう。

黒色や紺色などの濃色系の車はキレイに保つことが難しいですが、ちょっとした気遣いで洗車による傷を防ぐことができます。正しい洗車で愛車の美しさを保っていきましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
洗車機にしても手洗いにしても、横着して汚れを落とそうとすると傷が付いてしまうので、傷を作る原因を除去することが大切です。洗剤を使った洗車後はすすぎをしっかりと行うようにしましょう。洗剤分が残っていると雨などで流れ出し、染みになってしまいます。
おすすめの記事