新会社でも審査無しで発行してくれる法人用ETCカード

新しく設立された会社や個人事業主(自営業)では法人契約のクレジットカードを発行してもらうことは簡単ではありません。

もちろん銀行通帳や電話の契約、自動車の登録など、様々なものを法人名義にする必要がありますが、その中でも最も困難なものがクレジットカードです。

事業を開始したばかりの会社は実績が少ないことがほとんどです。実績が無い会社には信用がまだ無いのでクレジット会社がカード発行をしてくれません。しかしそんな起業したばかりの法人個人事業者でも審査なしで発行できる『ETCカード』があるので紹介します。

➤➤➤法人向けのETC専用カード

最大30%の割引が受けられる高速情報協同組合のETCカードはこちら

審査不要の法人ETCカードで最大30%の節約が可能

中小企業の事業をアシストする『高速情報協同組合』は自動車に関する各種共同購買事業や共同利用を展開しており、コストの削減や経営活動の後押しをしてくれる協同組合です。高速情報協同組合が行っている事業のひとつが『法人ETCカード』の発行です。

審査無し法人用ETCカードはどれがいい?【新会社におすすめ】

高速情報協同組合の法人ETCカード

➤➤➤法人向けのETC専用カード

クレジット審査なしで手続き簡単なETCカード

法人ETCカードの特徴

  • 走る曜日や時間帯によってお得な割引を受けられる『休日割引 30%OFF!!』『深夜割引 30%OFF!!』
  • クレジット機能がついていないので不正使用などの心配がなくて安心
  • 従業員に現金を渡しておく必要なし
  • 利用明細があるので管理が容易
  • ETC車載器がない車でも料金所で手渡しすれば使える
  • 必要枚数分申込み可能
  • レンタカーや従業員の私用車でも使うことができる

法人ETCカード発行の必要経費

  • 法人ETCカードを発行するには1社あたり出資金1万円が必要(組合を退会するときに返金されます)
  • カード発行手数料1枚あたり500円(税抜き)
  • 年会費1枚あたり500円(税抜き)
  • 請求書の作成や信販会社への立替保証金として毎月の走行金額の5%が手数料として掛かる

新会社でも審査なしで作ることができて、現金払いでは受けられない30%特典割引がある『高速情報協同組合のETCカード』。中小企業や個人経営者にはおすすめのカードです。

➤➤➤法人向けのETC専用カード

現金で通行するより30%安くなる法人ETCカードが作れる公式サイトはこちら

ライター:「アンドロイド村上」
会社を設立したてのときには様々な経費を管理することが結構大変です。その点高速情報協同組合ETCカードなら管理が一元化できるし、最大30%の割引で経費削減ができるので一石二鳥ですね。
おすすめの記事