個人カーリースはお得なのか【メリット・デメリット】

個人カーリースはお得なのか【メリット・デメリット】

カーリースは仕組みを知らないと損をすることも

新車に半額で乗れるマイカーリースなどのCMが流れていますが、カーリースについて馴染みがない方が多いのではないでしょうか。

自動車を長期に渡って一定期間、借り上げるカーリースですが、仕組みを理解していないと結果的に損をしてしまうかもしれません。

そこで今回は個人カーリースの仕組みやメリットデメリットについて紹介していきます。

カーリースとは

リースとは物品の賃貸借取引のことですが、車を借りて使用する権利を持つのがカーリースです。

カーリースの場合、車の所有者はリース会社です。

利用者はリース会社が自動車メーカーやディーラーから購入した車を利用期間やプランを決めて借り受けます。

そのため車検証の所有者はリース会社名義になって、使用者が利用者名義になります。

カーリースとレンタカーの違い

レンタカーは基本的に短期間の契約で、不特定多数の人に貸し出すサービスです。対するカーリースは長期間の契約で一定期間、同じ人が乗り続けます。

カーリースやレンタカーで掛かる費用は、ガソリン代と通行料金、自動車保険の保険料だけです(リース料やレンタル料は除く)。

車検代や整備費用、税金などはリース会社やレンタル会社がすべて負担します。

カーリースのメリット・デメリット

車を購入するためのまとまった資金を必要とせず、メンテナンスの手間が少ないカーリースですが、デメリットを理解しておかないと最終的に損をしてしまうことがあるようです。

カーリースのメリット

初期費用を抑えられる

車を購入するときにはまとまった資金が必要です。一方のカーリースは定額のリース料金を毎月払うだけで車に乗ることができます。

カーリースは多額の資金を持たなくても車に乗ることができるので、手元にお金があまりない人や将来に備えて貯めておきたい人にメリットが大きいシステムです。

メンテナンスや税金の管理をすべてリース会社が行う

カーリースの場合、車検や点検、修理などのメンテナンス管理、自動車税などの税金の支払いはすべてリース会社が行います。

車を購入すると車検やメンテナンス、各種税金などのすべてを自腹で支払う必要があり、多大な出費を強いられます。

しかしカーリースならこれらの費用がリース料金に含まれていて計画的なお金の管理が可能です。

カーリースのデメリット

中途解約ができない

カーリースは契約時にリース期間を決めて契約します。そのためリース期間内の解約は基本的にできません。

もし5年契約でリース期間を定めた車を4年で解約する場合は、残りのリース料金相当額を一括返済する必要が生じてきます。

設定したリース期間を完結できない人にはカーリースは向いていないといえるでしょう。

リース終了時の残価によって追加料金が発生することがある

カーリースはあらかじめ返却時の車両残価を予測してリース料金を設定しています。

そのためリース終了時に車両残価が当初の設定金額を下回っている場合は、その差額分を支払わなければなりません。

車を大切に扱わなかったり、走行距離の超過、不人気車の場合は追加費用が発生するかもしれません。

いつまで経っても自分の物にならない

カーリースで借りた車はいつまで経っても自分の所有物になることはありません。

もしリース車両を自分所有にしたい場合はリース終了時に残価分を支払って購入する方法がありますが、それにはまとまった資金が必要です。

カーリースの車両は基本的に改造やドレスアップができません。リース契約終了時に返却する車を原状復帰する必要があるからです。

カーリースはお得なのか

車にこだわりがなくて、車に関わる手間を簡略化したい方にはカーリースが向いています。

長距離を走ることがあまりなくて、車を大切にする方であればカーリースがおすすめです。

車を購入すると車両の購入代金や維持費が必要ですが、売却や下取りで利益を得ることが可能です。

月々のカーリース料金だけを見て単純に判断しないで、トータルの合計金額を算出した上でお得なのか判断したほうがよさそうです。

ライター:「アンドロイド村上」
新車に半額で乗れるといったフレーズでお得感を出しているカーリースですが、リース期間を完結するまでの合計金額と資産価値がまったく残らないことを考えると、手放しでお得とはいえないようです。もし自分のライフスタイルに合うようならカーリースを選択するといいでしょう。
おすすめの記事