メルセデスベンツの中でも人気のCクラスの維持費はいくらくらいなのか

メルセデスベンツCクラスの月間・年間維持費

1993年に登場したメルセデスベンツCクラス

4ドアセダンからスタートしたCクラスですが、現在ではステーションワゴンやスポーツクーペもラインナップされています。Cクラスはチューニングベースとしても人気で、AMGやブラバス、ロリンザーなどがチューニングした仕様も人気です。

メルセデスベンツCクラスには年式、排気量、ボディタイプなどで様々な種類がありますが、ここでは中古車市場で人気がある『メルセデスベンツC200アバンギャルドAMGライン』を所有した場合の維持費を検証してみます。

  • 自動車税 39,500円
  • 車検費用 70,000円(1年分として計算)
  • メンテナンス費用 100,000円
  • 自動車保険料 100,000円
  • ガソリン代 50,000円
  • 駐車場代 120,000円
  • 高速道路利用料金 50,000円

概算ですが、最低限の維持費として計算すると年間で約53万円必要になります。

月間だと4.5万円ほどですね。もちろん走行距離によりガソリン代や高速道路利用料金が変わってきますし、住宅事情により駐車場代も変化してきます。

メルセデスベンツC200アバンギャルドAMGラインの中古車相場を調べてみると450~650万円くらいの車両本体価格のものが多いようです。

諸費用込み総額600万円メルセデスベンツC200アバンギャルドAMGライン5年ローン頭金100万円で購入した場合

  • 借入金額500万円
  • 支払い回数60回
  • 実質年利8.9%

以上の条件で計算すると毎月103,549円の返済額になります。

もちろん頭金をもっと増やしたり、ボーナス払いの併用をすることで月々の返済額は変わってきますが、大まかに見て毎月10万円くらいの返済をしている人が多いようです。

維持費とローン返済を合計すると年間維持費が175万円ほど、月間で14.5万円ほど必要になるようです。

➤➤➤自分だけの1台を見つけよう!『カーセンサーnet』でメルセデスベンツCクラスを探しましょう。

メルセデスベンツCクラスの車検費用や自動車保険料を節約するには

メルセデスベンツには、新車登録から3年間有効の『メルセデス・ケア』というメンテナンスプログラムや、中古車で購入した場合に加入することができる『メンテナンスプラス・ライト』という制度があるので、加入することでメンテナンス費用を安くすることができます。

昔のメルセデスベンツは修理費や車検費用がべらぼうに高いことで有名でしたが、近年のメルセデスベンツは新車から3回目の車検(7年経過)くらいまではそれほど費用が掛からなくなったようです。

しかし7年を超えた頃から国産車では考えられないような壊れ方をすることがあり、低年式車になるほど維持費が増加していくようです。

もちろん車両により個体差があったり、使用条件の違いもあるので一概には言えませんが、古くなればなるほどメルセデスベンツの維持にはお金が掛かると思って間違いないようです。

メルセデスベンツCクラスを所有する上で節約できる項目が『自動車保険』です。

メルセデスベンツCクラスの自動車保険料は年齢・等級で変わってきます。特にメルセデスベンツCクラスは車両保険を付けるかによって金額が大きく変わってきます。

保険会社により保険料の算出や特約・ロードサービスなどが各社異なるので自分に合った保険会社を選ぶようにしましょう。自動車保険料を少しでも節約するには、複数の保険会社から見積もりをもらい金額を比較して検討することです。

 

自動車保険一括見積もりなら1回の登録で最大20社の保険会社から見積もり可能です。

➤➤➤自動車保険見積もりのインズウェブ

少しでも保険料を安くするには複数の保険会社で見積もりを比較してみましょう。

※自動車保険一括見積もりの請求は車検証、運転免許証、自動車保険に加入されている方で現在加入の保険と比較する場合は自動車保険証券が必要になります。事前に用意しておきましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
ステータス感があり、押し出し力が強いメルセデスベンツCクラスの購入を検討している人は多いようです。やはり高級車メルセデスベンツなので、維持費が安くなったとはいえローンを含めた維持費は高くなるようです。突発的な出費も考えられるので、余裕を持った維持を心がけたいものです。
おすすめの記事