不意に車のバッテリー上がったら簡単に素早く対処したい

最も困る車のトラブルといえば『バッテリー上がり』です。

しかも車に乗る直前に気づくことが多く、特に急いでいるときには非常にやっかいなトラブルでもあります。

できることなら簡単に短時間でエンジンを掛けて出発したいところですが、近年の充電式電池の進化により1分もあればバッテリー上がりに対処できる方法が出現しました。

モバイルバッテリーでエンジンを掛ける

従来は車のバッテリーがあがったときに、

・ブースターケーブルを使ったジャンピングスタート
・JAFなどのロードサービスに救援依頼
・充電器でバッテリーを充電する

これらの方法で対処するしかありませんでした。しかし、もう1台車が必要だったり、時間が掛かったりしてすぐに車に乗ることができないなど不満な点が多かったのも事実です。

しかしスマホや携帯電話などの外部電源・充電でおなじみの『モバイルバッテリー』に、自動車のジャンプスタートに対応した機種が登場したことで、簡単に短時間でバッテリー上がりに対処することができるようになりました。

Rakuten(楽天)

➤➤➤ジャンプスターター【楽天】

使い方は簡単です。ボンネットを開けたら、バッテリーの端子にモバイルバッテリーのワニ口クリップを挟んでエンジンを掛けるだけです。

このとき、+端子(赤)~-端子(黒)の順で接続します。エンジンが掛かったら、-端子(黒)~+端子(赤)の順にモバイルバッテリーを外すようにします。

車だけでなく、バッテリー上がりしやすいスクーターやオートバイにも使用可能です。

スマホゲームの普及によりモバイルバッテリーを買い求めることがあるかもしれませんが、ジャンプスタートに対応した機種を購入しておけば、イザというときに車のバッテリー上がりにも対処することができます。

値段的にもそれほど高くないので、ぜひひとつ持っていることをおすすめします。

※車のジャンプスタートに対応していないモバイルバッテリーでのエンジン始動は絶対に行わないで下さい。

配線コードが溶けてショートしたり、最悪の場合は発火する危険性があります。必ずジャンプスタート対応品を使用して下さい。

車のバッテリーが回復しないときには交換しよう

モバイルバッテリーによるジャンプスタートで急場を凌いでも、再びバッテリーが上がってしまったら寿命による交換が必要なのかもしれません。そんなときには自分でバッテリーを交換すれば安上がりです。

参考記事:車のバッテリーを自分で交換する方法【安くて簡単DIY】

ガソリンスタンドやディーラーでバッテリー交換を頼むと、結構な金額にビックリしてしまいます。

しかしカー・エイドの➤➤➤【激安バッテリー市場】ならあらゆる種類のバッテリーをお求めやすい価格で購入できます。

バッテリー購入なら国産車から輸入車・ハイブリッドカーまで対応したラインナップを誇るカー・エイドの➤➤➤【激安バッテリー市場】がおすすめです。不要になった廃バッテリーの回収も無料なので安心です。

車のバッテリー交換は意外と簡単にできるので、DIY好きの方ならぜひ自分で交換することをおすすめします。

※当記事の内容を実践したことに伴う怪我や損害は当サイトでは一切関知いたしませんので、自己責任による作業をお願いします。

ライター:「アンドロイド村上」
急いでいるときに限って起こるバッテリー上がりに悩まされている人が多いのではないでしょうか。従来の救出法だと時間や手間が掛かり、その後の予定に影響を及ぼすことがありました。しかしモバイルバッテリーによる救出法なら、簡単に素早くエンジンを掛けることができます。随分便利になりましたね!
おすすめの記事