なぜ雪の日にワイパーを立てるのか

雪国やスキー場などで当たり前のように見られる、雪の日に車のワイパー立てている光景ですが、なぜワイパーを立てて駐車しているのでしょうか。

今回は雪があまり降らない地域の人が知らない、雪の日にワイパーを立てる理由を紹介していきます。

雪の日に車のワイパーを立てる理由

ワイパーがフロントウインドウに張り付かないようにするため

ワイパーは車の部品の中でも特に傷みやすいパーツです。そのため条件によっては、すぐにダメージを受けてしまいます。

雪が降るときは外気温が相当低くなっています。このときに車のワイパーを下した状態のままにしておくと、ワイパーがフロントウインドウに張り付いてしまいます。

フロントガラスにワイパーが凍り付いた状態でワイパーを動かすと、ワイパーのゴムがちぎれてしまいます。またワイパーを動かすモーターにも余計な負担を掛けてしまい、ワイパーモーターが焼き付いてしまう可能性もあります。

このような状況を避けるために雪の日にワイパーを立てておくのです。

ワイパーアームの変形防止のため

ワイパーを下したままの状態でフロントガラスの上に雪が降り積もると、雪の重みでワイパーアームが曲がってしまうことがあります。

簡単に交換できるワイパーゴムと違ってワイパーアームの交換は費用負担が大きいので、未然にトラブルを防止する意味で雪の日はワイパーを立てておきます。

雪かきをスムーズにするためにワイパーを立てておく

雪国などで屋外で駐車している車に乗るときは、屋根やフロントガラス、ボンネットなどに積もった大量の雪を取り除かなければなりません。

比較的簡単に雪かきができる屋根やリアウインドウなどと違って、フロントウインドウはワイパーが邪魔になって雪かき作業がスムーズにいかなくなってしまいます。

安全に運転するには車に積もった雪をきれいに落とすことが重要であり、雪を素早く取り除くために雪の日はワイパーを上げておきます。

車のワイパーを立てる方法

車のワイパーの立て方は、ワイパーを持ち上げてフロントウィンドウから離しておくだけです。

手間も掛からず簡単にできるので、雪が降りそうなときはあらかじめワイパーを立てておきましょう。

ライター:モータージャーナリストを目指す「Harry」
大雪が降る豪雪地帯では、雪に埋まってしまった車の場所を特定するための目印として、ワイパーを立てておくことがあります。雪が降らない地域に住んでいる人は、周りのみんなが立てているからという理由で何となくワイパーを上げている方も少なくないと思いますが、その理由をきちんと理解しておきましょう。
おすすめの記事