街中を走っている車を見ると白・黒・シルバーが多いのが分かる

あなたはを買うときに何色を選びますか?みんなが乗っているからと無難な色を選ぶ人もいれば、汚れが目立たない理由で色を決める人もいます。

ボディカラーが違うだけで印象がかなり違って見えますが、車の印象を決定するだけでなく売るときの査定額にも影響してきます。

人気のある色が高く売れる

街中では様々な色の車が走っていますが、よく観察すると3つの色が多いことが分かります。

  • 白(ホワイト)
  • 黒(ブラック)
  • 銀(シルバー)

赤や青、緑など他の色の車も走っていますが、圧倒的に多いのが『シルバー』系統の色です。

更に注意深く観察すると白・黒・シルバー系統の3色は軽自動車から高級車、商用車といった車種や用途に関係なく人気の色であることが確認できます。

白・黒・シルバー系統の3色は、流行や好みに左右されにくい無難な色なので多くの人が選びやすく、中古車市場でも売りやすいために買取や下取り査定が高くなる傾向があります。

反対に赤や青、黄色といった派手な色は購入者層が限定されやすいので査定額が低めになるようです。

好きな色の車を買うのか、高く売れる色の車を買うのか

近年では新車種が登場したときのイメージカラーが多彩になり、カタログモデルがオレンジやゴールドといった色で掲載されていることが珍しくなくなりました。車種によっては白・黒・シルバー系統がラインナップに含まれていないこともあります。

中古車市場では白・黒・シルバー系統の3色が一番人気があり、買取や下取り査定が高くなりますが車を買うときに売るときのことを考えて色を決めるのは如何なものかと個人的には思います。

余程奇抜な色でない限り、色の違いによる買取査定額の違いは数万円程度でしょう。この数万円のために何年間も自分が好きでない色の車に乗り続けるくらいなら、多少価値が下がったとしても自分の好きな色の車に乗る方が精神的に健全だと思います。

なお、何らかの理由で全塗装した車はどのような色であっても買取査定額が低くなります。

もし現在乗っている車の色が不人気カラーだからといって白・黒・シルバー系統に全塗装しても、塗装費用以上に査定額が高くなることはないのでおすすめできません。

それよりもできるだけ多くの買取業者から査定をもらって、一番高い査定を提示した会社に売却したほうがお得です。

高値買取におすすめな車買取一括査定見積もり【無料】

➤➤➤《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

愛車を少しでも高く買取ってもらうにはコツがあります。不人気な色の車でも査定額をアップできるかもしれない方法はこちらの記事をご覧ください。

参考記事:車の買取や下取りで高額査定を引き出すコツ

ライター:「アンドロイド村上」
最近は白・黒・シルバー系統でもソリッド色の他にパール系の色もあるので、選択肢はかなり広くなっています。好きな色の車に乗るのが一番ですが、気まぐれで奇抜な色を選ぶと飽きたときに後悔するので購入時には慎重に選びましょう。
おすすめの記事