車を売ったり下取りに出すときにガソリンを満タンにしておくべきか

レンタカーを返却するときはガソリンを満タンにして返すのが常識です。

しかし売却するときもガソリン満タンにして引き渡すべきなのでしょうか。

ガソリン量が査定に影響するのなら考えてしまいますよね。

そこで今回は車を下取りに出したり売却するときのガソリン残量について紹介していきます。

車を売却・下取りに出すときに残すガソリン量【査定】

車を売却・下取りに出すときのガソリン量は最低限でいい

車を売るときにガソリン量を満タンにしておく必要はありません。基本的に買取店やディーラーまで運べる分のガソリンが入っていればOKです。

ガソリンが満タンになっていないと、何となく失礼とか恥ずかしいとか思うかもしれませんが、そんなことを心配しなくても大丈夫です。

買取店やディーラーによっては「引き渡し時にあまりガソリンが残っていないようにしてください」と言われることもあります。

車を売却・下取りに出すときのガソリン量は最低限入っていればいいのです。

車を売る時はどのくらいガソリンが残っていればいいのか

車を売るときのガソリン量は買取店やディーラーまで運べる分、入っていればOKとお話ししましたが、実際にはどれくらいガソリンを入れておけばいいのでしょうか。

車の給油ランプ(エンプティランプ)が点いてから走れる距離は、車種によっても異なりますがおよそ50~100km程度といわれています。

売却や下取りに出す日が決まったら、その当日に給油ランプが点くようにガソリン量を調整しましょう。

給油ランプが点くぐらいのガソリン残量であれば、移動には十分な量だし無駄なガソリン代を払わなくてすみます。

ガソリン残量は買取・下取り査定に影響するのか

前述したように、車を売るときのガソリン量はほとんど残っていなくても大丈夫です。ガソリンの残量が買取・下取り査定に影響することはありません。

納車時のガソリン満タンサービスはお得でうれしいものですが、売却時のガソリン量は満タンであろうがスッカラカンでも査定にプラスされることはないので、上手に残量をコントロールしてください。

ライター:モータージャーナリストを目指す「Harry」
査定士の心証を考えて満タンにしたほうが有利になると思っている人がいますが、実際にはガソリンの残量は査定価格にまったく影響しません。1円でも多くプラスにしたいと考えるのであれば、最低限のガソリンが残っていればいいのです。
おすすめの記事