走行距離は車の査定に大きく影響する

車の売却を考えたときに少しでも状態を良くして査定額を高くしたいと考えますが、走行距離に関しては絶対に巻き戻すことができません。

メーター戻し走行距離改ざんの事件がニュースになるくらい走行距離が査定評価に与える影響が大きいのです。

なぜ走行距離を重視するのか

日本では車の寿命を年式よりも走行距離で判断する傾向があります。走行距離が多い車は余命が短いと判断され、買取や下取り査定が低くなってしまいます。

走行距離の目安は

一般的に走行距離の目安は年間1万キロとされています。それよりも走行距離が少なければ査定がプラスになり、多ければ査定マイナスになります。

走行距離による査定額の差は想像以上に大きく、例えば5年落ちの車で走行距離1万キロ(年間2千キロ)の場合は30万円程度の査定アップになりますが、走行距離25万キロ(年間5万キロ)の場合は60万円程度の査定ダウンとなってしまいます。

同じ車種・グレード、同じ年式でも走行距離によりこれだけ査定額に差が出るということです。

走行距離は多すぎても少なすぎてもよくない

車は年式に応じた範囲内で走行距離が短ければ査定額が有利になりますが、10年落ちで1万キロしか乗っていないような極端に走行距離が少ない場合は評価が下がってしまいます。

車のような機械ものは定期的に動かしていることでコンディションを維持することができ、休止時間が長いとエンジン内部が油切れを起こしたり可動部が固着し、再稼働したときに一気にガタが出てしまうことがあります。

そのため年式相応で適度に乗られている車が好まれるのです。

過走行車は値段がつくのか

年式に関わらず10万キロを超えた過走行車を売却したいときには値段がつくのでしょうか?

日本のユーザーは10万キロをひとつの目安としています。そのためかつては中古車市場で安価で売り叩かれる過走行車は敬遠され、仮に買取ってもらえたとしても非常に安価で納得せざるをえない状況でした。

しかし現在の国産車の車体、とりわけエンジンは非常に優秀でメンテナンスさえしていれば10万キロで壊れることはほとんどなく、20~30万キロを超えてもまだまだ走れるようになってきました。

そのため日本では過走行車と敬遠される車が海外に輸出され世界各国で走り続けています。

もしあなたの車が10万キロを超えるような過走行車であれば一度廃車買取カーネクストで無料査定をしてみましょう。

廃車買取カーネクストでは通常の買取はもちろん、過走行車や廃車も買取ってくれます。古い車や過走行車でも価値があり、値が付くのであきらめずに査定申込をすることをおすすめします。

過走行車の売却を検討するときに注意しておきたいのが『下取りでは値段がつかない』ことです。

日本国内で中古車流通させるディーラーの下取りでは過走行車は敬遠され、値が付くどころか廃車にするための処分費を請求されてしまうことがあります。

過走行車といえどもまだまだ価値がある車なので、廃車にせず販売ルートを持った買取業者に売るようにしましょう。

参考記事:廃車の引き取り先を探す前に買取り先を探そう

ライター:「アンドロイド村上」
同じ車種・グレード・年式の中古車が並んでいても、販売価格が大きく違うのは走行距離が違うからです。車は乗るための道具なので走行距離が増えていくのは仕方ないことですが、無意味な走行はガソリンを浪費し、査定額が下がるので慎みたいですね。
おすすめの記事