痛車を売りたいけど買取や下取りしてもらえるのか

痛車ってご存知ですか?ボディ全体にアニメキャラを描いている車のことです。

痛車はアニメ関連の会社が宣伝で走らせていると思っている人もいるようですが、ほとんどは個人の趣味で自分の車にアニメキャラを描いています。そうなるとある程度年月が経てば痛車を手放したり買い替える時期がやってきますよね。

そんなときにあのド派手な痛車買取下取りで売れるのかを調べてみましょう。

痛車を売る方法とは

痛車を手放すときには2つの方法が考えられます。

純正状態に戻してから売る

痛車といえども元に戻せば普通の純正状態になるはずです。

痛車のカラーリングは2種類あり、ひとつはカッティングシートなどを貼り付けたラッピングです。ラッピングされた痛車なら上手くいけば剥がすだけで現状回復できます。

ただしボディ全面がラッピングされてなかった場合には、日焼けによって塗装面に境目が現れることがあるので査定額が下がる可能性があります。

もうひとつの方法が塗装によるカラーリングです。

塗装されている場合は剥がすことがでないので、元に戻すには上から再塗装するしか手段がありません。

当然ながら多額な費用が掛かりますし、再塗装車は査定額が下がるので結果的にかなり安い金額でないと売ることができなくなります。

痛車のまま売る

そのまま手を付けずに痛車のまま査定に出す方法もありますが、値段が付くかどうかは業者次第でしょう。

非常に出来が良く、かつ有名な痛車なら買い手が付くかもしれませんが(その場合には個人売買になる可能性が高い)、一般的な買取業者やディーラー下取りには難色を示されるかもしれません。

それでも中には痛車の取引をしている買取業者も存在するので、車選び.comの一括査定で査定をお願いしてみると良いでしょう。

痛車を売るときには違法改造や版権に注意

ボディに好きなアニメキャラを描くこと自体は何ら違法にはなりませんが(わいせつ絵画で無い限り)、フロントガラスや運転席・助手席のサイドガラスにまで描いていると違法改造になってしまいます。

また、痛車の多くはアニメキャラを描くのと同時に車体に何らかの改造が施されていることがあります。合法の範囲内の改造なら問題ありませんが、極端な車高短など違法改造になっている場合は問題です。

そもそも公道を走行できない違法改造車は買取業者やディーラーなどでは査定をしてくれませんので該当する場合にはまず違法箇所を直す必要があります。

アニメキャラには版権が存在し、痛車化する前に著作権者にアニメキャラ使用の許可を得て公認車としてアニメキャラを描いている人もいます。

著作権者からアニメキャラの使用許可を得ている・得ていないに関わらず著作権者に無断でキャラクター使用による利益を上げることはできません。

個人の所有車であってもキャラクターにより利益を得たと判断される可能性がありますので売却前には法律問題をしっかり確認しておきましょう。

いずれにしても痛車を個人で売ることはなかなか難しいかもしれません。そんな場合には、車選び.comの一括査定を利用して効率的に買取店を探しましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
ラッピング技術の向上で気軽に痛車化が可能になりましたが手放すときにはそれなりのリスクを覚悟しておかないとガッカリしてしまいそうです。売るときのことは関係ない!と思える人でなければ痛車には手を出さないほうが無難かもしれません。
おすすめの記事