査定ゼロの廃車寸前の車なのに数万円の値段がつく理由

車の買い替え前に買取店へ査定を依頼した結果、査定ゼロだったらがっかりしますよね。

たしかに軽く10万キロを超えている低年式車なので仕方ないかもしれません。ところがディーラーに相談すると、数万円で下取りしてもらえることがあります。

しかし廃車寸前の車に値段がつくのは理由があるからです。

廃車をディーラーの下取りに出すとプラス査定になる理由

なぜ廃車に値段がつくのか

買取店で査定ゼロと言われた車に、ディーラーの下取り査定で数万円の値段がついたら誰でも嬉しくなるはずです。

車を廃車にするときに、通常はスクラップ費用や廃車手続き費用が掛かるので、数万円で下取りしてくれると相当お得に感じてしまいます。

ここでセールスマンから『今だけですし、他店なら廃車手数料とられますよ』と言われたら、多くの人がこの店で次の車を買おうと決断してしまうでしょう。

しかし他のディーラーで下取り査定してもらっても、数万円の値段がつくのは間違いないはずです。

損して得取れということわざがありますが、ディーラーが廃車寸前の車に損をしてまで数万円出しますよと見せかけて、実は痛くもかゆくもないカラクリがあるのです。

下取り車の査定分は新車の値引き減で相殺する

ディーラーの仕事は新車の販売です。下取りは新車の販売に繋げるための戦略のひとつです。

廃車寸前の車に数万円の査定をつけることで、新車の購入確率が上がることをディーラーは理解しています。簡単にいえば数万円をエサにして、お客さんの購入意欲を釣るということです。

しかしディーラーでは廃車を下取りしても損を出すことはありません。車の見積り交渉は下取りなしで値引きを引き出す【買取査定】にも書いてあるように、下取り分を新車の値引き額から引いて調整することができるからです。

もし廃車寸前の車を3万円で下取りしたら、新車の値引きを3万円減らします。こうすることでディーラーとしては損をせずにお客様を喜ばせることができます。

買取店で査定の提示を受けている車であれば、「+αを加えて下取りしますよ」と言うことで、お客様は喜んで下取りに出して新車を購入するでしょう。

しかしディーラー側は、その分新車の値引き額を少なくすることで対応します。無理に損を出してまで廃車寸前の車を下取りしているわけではありません。

車の購入を検討するときには、今乗っている車は下取りに出さないことを前提に見積りを出してもらいましょう。

最大限の値引きが出た時点で下取り車を査定してもらい、下取りに出すか買取店に売却するか判断します。この方法なら下取り額と値引き額を相殺されることがないのでおすすめです。

廃車は下取りに出さず廃車買取業者に相談する

もし車買取店や下取りで査定がつかず、廃車にしてスクラップに出すしか方法が見つからなかったら、一度廃車買取業者に相談してみましょう。ひょっとしたら高値がつくかもしれませんし、金額がつかなくても無料で引き取ってもらえます。

おすすめの廃車買取業者

➤➤➤廃車完全無料!!【廃車ラボ】

➤➤➤廃車のことなら廃車トッドコム

➤➤➤どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト

ライター:「アンドロイド村上」
新車ディーラーは新車を売って利益を上げることが最大の目的です。下取りや値引きは販売戦略であり、カモにならないためにはこちら側も実情を知っておく必要があります。車を買うときは目先の数万円に惑わされず、個々の価格を判断しながら最大限安く買えるように交渉してみましょう。
おすすめの記事