事故車の修理代が高くて廃車にするべきか迷う

ちょっとした事故による傷やヘコミなら修理に出そうと思いますが、激しい事故や災害などで車に致命的なダメージを負った場合は修理代が高くついてしまいます。

保険を使って事故車修理して乗り続けるのか、廃車にして買い替えるのか迷うところですが、修理代以外にも判断するポイントがいくつかあります。

この記事は修理費が高い事故車の判断基準や、廃車にするときに知っておきたいポイントを紹介していきます。

事故車の修理代を自動車保険で全額まかなえるとは限らない

車の修理はちょっとしたボディのヘコミや塗装などの軽度なものから、フレーム修理やエンジン交換といった大掛かりなものまで実に様々です。

気になるのが修理費用の金額と支払いですが、「自分は車両保険に加入しているから大丈夫」と思っていないでしょうか。車両保険の補償額には限度があって、その車の時価相当額以上の保険金は支払われないのです。

車は年数の経過と共に価値が下がっていき、当然ながら時価(市場価格)も低下していきます。しかし車の修理代は年式が古くなれば安くなるわけではありません。

そのため車が古くなるほど車両保険の補償限度額が低くなっていき、保険で直せる範囲がせばまっていきます。

事故の被害者であっても修理代を全額補償されるとは限らない

車対車の事故に遭って相手が100%悪いときでも、相手の保険会社が修理代の全額を支払ってくれるとは限りません。

このような場合でも査定額分までしか補償されず、オーバーした分の支払いは自腹を切ることになります。

損傷が激しい事故車を完璧に直すのは難しい

フレームが損傷するような大きい事故を経験した車をしっかり修理しても、しばらくすると不具合が起こる可能性があります。安全性に関わることなので、あまりにも激しい損傷を負った車は廃車にして乗り換えたほうがいいかもしれません。

災害などで水没してしまったような車も原状復帰するには多額の修理費用が必要になります。車内やエンジン内に水が浸かるほど水没した車は、修理せずに廃車にしたほうがお得になることがあります。

廃車にする前に廃車買取業者で査定してもらう

ディーラーや一般的な車買取業者に廃車をお願いしても、再び中古車として売ることができないために、処分手数料を請求されることがあります。

ところが「廃車買取業者」なら、廃車をお金に換えるルートを持っているので高価で買い取ってもらえます。

車としての価値がない廃車でも分解してパーツにすれば中古部品に生まれ変わります。

たとえ水没車や動かない車であっても、鉄としての素材価値やパーツとしての価値があるので値段がつくのです。

もし廃車を考えたときは一度廃車買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

廃車買取業者

➤➤➤廃車完全無料!!【廃車ラボ】

廃車に掛かる費用が一切無料に加えて自動車税・重量税・自賠責保険までも還付してもらえる廃車ラボならボロボロの車でも高値がつくかもしれません。

損傷が激しい事故車を修理して乗り続けるのか、それとも廃車にして他の車に乗り換えるのかは、その車に対するあなたの愛着度合いと自己負担の許容金額で決まってきます。いずれにしてものちのち後悔しないような適切な判断が求められます。

ライター:「アンドロイド村上」
修理代がその車の査定額を超えることはよくありますが、よほどの希少車でない限り修理せずに廃車にするのが現実的だと思います。保険金を使って次の車に乗り換えるとしても、自己負担分が発生する可能性があるので悩ましいところです。
おすすめの記事