ローンが残っている車を売る方法とは

車を買ったときにローンを組んでいて、まだローン残債が残っている場合には、車を売ることができないのでしょうか。

ローンで車を購入したときには車を担保としているために所有者名義がローン会社になっています。ローンを払い続けている間、車の所有者はローン会社であり、あなたは使用者ということです。

そのためローンが残っている車を売却するにはローンを完済後、所有権留保解除をして、所有者名義をあなたへ変更した後に売却できるようになります。

参考記事:自動車の売却前に所有権留保解除をする方法【名義変更手続き】

大手の車買取店にはローン完済サービスがある

車をすぐに売りたいけれどローン残債を一括で払うことができないときにはどうしたらいいのでしょうか。

そんな場合には車買取として有名なガリバーの中古車販売などで用意されているローン完済サービスを利用する方法があります。

ローン完済サービスでは愛車の買取金額をローンの返済に充てることができるので、ローンを完済していない車でも売却することが可能です。

売却例

愛車の買取査定100万円、ローン残債70万円の場合

100万円-70万円=30万円を手にすることができます。


愛車の買取査定80万円、ローン残債100万円の場合

80万円-100万円=-20万円となるので、不足分の20万円を支払って所有権留保解除をしてもらいます。

もし不足分が一括で払えない場合には車買取店で用意されているローンを組むこともできます。

ローンが残っている車を売りたいときには一度ビッグモーターやガリバーなどでローン完済サービスについて相談してみましょう。

残価設定型ローンを組んでいる車は売れるのか

車の買い方のひとつに残価設定型ローンがあります。

3年後や5年後に下取りに出して乗り換えることを前提としており、あらかじめ決められた下取り額(残価)を引いた金額のローンを組む方式です。

残価設定型ローンは、下取りに出すことを前提としているために売却ができないと思われがちですが、通常のローン残債がある車のように売ることができます。

しかし残価設定型ローンで購入した車を売却すると、通常のローンを組んで購入した車よりも安い買取査定額になることがほとんどです。

元々が乗り換えを前提とした残価設定されており、金利も高いことなどを考えると途中で売却することはあまりおすすめできません。よほどの理由がない限り、残価設定ローンで買った車は期限まで乗ったほうが良いと思います。

ライター:「アンドロイド村上」
ローンが残っている車でも買取額との相殺で売却できることが分かっていただけたと思います。できるだけ高く売って手元に残る金額を多くするには中古車無料お探しサービス【ズバット車販売】でできるだけ多くの買取業者から見積もりをもらって売却先を検討しましょう。
おすすめの記事