カーナビ代わりのスマホを運転中に操作したら違反で罰金

スマホナビアプリの進化によって、スマホカーナビ代わりに使っている方が増えています。

通常のカーナビは高価な上に、地図データ更新が有料だったり更新そのものができないことがあります。しかしスマホカーナビアプリの地図データは、常に最新で無料なので人気が出るのも当然ですよね。

しかしカーナビ代わりスマホ運転中操作すると違反罰金になります。注意してください。

スマホをカーナビ代わりに使うときは違反に注意

運転中にカーナビ代わりのスマホを操作したり注視したら違反になる


道路交通法第71条5の5(運転者の遵守事項)

自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号 若しくは第十七号 又は第四十四条第十一号 に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。”

要約すると、

  • 自動車が停止しているときを除き、運転中に携帯電話やスマホを手にもって通話してはいけない。
  • 運転中に携帯電話やスマホ、カーナビなどの画面を注視してはいけない。

となるので、運転中にカーナビ代わりのスマホを注視しながら操作したら違反になります。

スマホをカーナビ代わりに使うのは違反にならない

「スマホをカーナビ代わりに使っても違反にはならない」が、「走行中に注視したり操作をすると違反になる」ということです。

カーナビを使ったことがある人なら分かると思いますが、国内で販売されているカーナビは走行中に操作ができないように設定されています。

スマホをカーナビ代わりに使うと、走行中でも操作ができるので便利だと思いがちです。

しかし運転中にスマホを操作をしたら違反になったり脇見運転の原因になるので、ナビ操作は停車中に行うか助手席の人にやってもらいましょう。

スマホホルダーの取り付け位置も違反に注意

スマホをカーナビ代わりに使うときに便利なのがスマホホルダーですが、取り付け位置によって違反になるので注意しましょう。

自動車のフロントウインドウには貼り付けられるものが決まっています。

  • 車検有効期限のシール
  • 点検整備のダイヤルステッカー
  • テレビなどのフィルムアンテナ
  • ドライブレコーダー(ルームミラーの裏側またはフロントウインドウ上端から1/5以内に限る)

これら以外の取り付けや貼り付けは違反になって車検も通りません。

スマホホルダーをフロントガラスに取り付けるのはやめましょう。

おすすめのスマホホルダー

Rakuten(楽天)

スマホホルダー

Amazon.co.jp

スマホホルダー

Yahoo!ショッピング

スマホホルダー

ゲル吸盤タイプのスマホホルダー

スマホをカーナビ代わりに使うときは違反に注意

ゲル状の吸盤をダッシュボードに吸着させて取り付けるタイプです。

スマホの角度を360度回転させられるので、様々な取り付け位置に対応できて便利です。

エアコン吹き出し口取り付けタイプのスマホホルダー

スマホをカーナビ代わりに使うときは違反に注意

エアコンの吹き出し口にワンタッチで取り付けられて便利なスマホホルダーです。

スマホをカーナビ代わりに使うと発熱しますが、エアコンの風で冷却してくれるので安心。

コンパクトに取り付けができて、視線を大きく外さずにスマホ画面を確認できる点もポイント。

スマホナビアプリをダウンロードすれば常に最新の地図が使えるので、スマホをカーナビ代わりにしている人も多いのではないでしょうか。しかし取り締まりの対象になるだけでなく、安全運転の観点からも運転中の操作は控えてください。

ライター:こだわりの車好き「小林ナオト」
専用のカーナビとは違ってスマホナビアプリのカーナビ機能は、走行中でも操作できると勘違いしている方が多いようです。スマホであれカーナビであれ、走行中に操作すると違反と罰金の対象になるので停車中に操作をしましょう。
おすすめの記事