寒くなると発生する不快な車の静電気をなんとかしたい

車に乗り降りするときにビリッ!バチッ!とくるあの不快な痛み、嫌ですよね。

普段は注意していても急いでいるときに限って強烈なビリッ!がくるので車に触るのが怖くなってしまいます。

できれば起きて欲しくない静電気の原因や対策方法について考えてみましょう。

車で起こる静電気の原因とは

静電気はその名の通り、電気の一種です。ご存知のように電気にはプラスとマイナスがあり、衣服などが摩擦を繰り返すとマイナスが放出されプラスが溜まっていきます。

一方、車のボディにはマイナスが溜まっているのでプラスが溜まった人間が触ると一気に放電し、ビリッ!バチッ!となってしまいます。

夏場や梅雨時などの湿気が多い時期には身体に溜まった静電気が自然と大気中に放電されるので問題ないのですが、乾燥していて寒い冬の時期には静電気を大気中に放出しにくくなるので身体に溜まってしまい、あの嫌なビリッ!が発生してしまいます。

車に乗るときは衣服の摩擦などにより身体に溜まった静電気が車の金属部分に触れた指先から一気に放電されてバチッとなります。

車を降りるときに発生する静電気の原因は乗車中に起こる衣服と車のシートの摩擦です。車に乗っているときに静電気が溜まっていき、降りるときにドアなどに触れると放電されバチッとなるわけです。

車に乗り降りするときの静電気を防ぐ対策方法

それでは車に乗降するときの嫌な静電気を防ぐ方法を紹介していきましょう。

車に乗るときの静電気対策

地面を手で触ってから車に乗る

車に乗る直前に素手で地面を触ってから乗り込むことで嫌な静電気から逃れることができます。

これは身体に溜まった静電気を地面(地球)に逃がしておくことでドアに触ってもビリッとならないからです。地面だけでなく壁や木でも効果があるようです。

濡れた手で車に触る

手を濡らすと大気中に静電気を放出してしまうのでビリッとこなくなります。

その他に車のキーを握ったまま車(キー穴)に触る方法もありますが、高い確率でビリッ!となるのでおすすめできません。

車から降りるときの静電気対策

車のボディに触れてから降りる

乗車中にシートとの摩擦により溜まってしまった静電気は車から降りる前にボディに触るとビリッときません。

このときは地面に足を着く前に車のボディに触るようにしましょう。

なお、車のプラスチック部分に触っても全く効果がありませんのでボディの金属部分を触るようにしましょう。

静電気除去グッズを上手に使おう

ガソリンスタンドにある静電気除去シートのように静電気除去対策グッズには効果があるようです。

静電気の悩みは車に乗るときばかりでなく、日常生活でも多発しますので上手く活用すればあの不快なビリッ!バチッ!を防ぐことができそうです。

Rakuten(楽天)

➤➤➤静電気除去グッズ【楽天】

Amazon.co.jp

➤➤➤静電気除去グッズ【Amazon】

身に付けることで効果があるタイプなら不意に金属部分を触ってしまっても安心ですね。

衣類の静電気の悩みはスプレータイプをひと吹きしておけばまとわりつきも防いでくれます。

ビリッとくる静電気は指先が痛いだけでなく、精神的にも心臓にも良くありません。静電気対策や除去グッズを上手に使って寒い冬を乗り切りましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
軽視されがちな静電気ですが、ガソリンスタンドでの給油時にバチッとなってしまうと気化したガソリンに引火してしまうことがあるので大変に危険です。普段の生活から除去グッズなどを活用して身体に静電気を溜め込まないように注意しましょう。
おすすめの記事