経済面で有利と人気、車中泊のメリット・デメリットとは

ホテルや旅館に泊まらず車の中で寝る『車中泊』が人気です。

車中泊の最大の利点は宿泊代が掛からないことですが、それ以外のメリットもありますし、車中泊ならではのデメリット注意点もあります。

車中泊専門店ONLY STYLE』には快適・便利な車中泊グッズが揃っています。


車中泊のメリットとは

車中泊は経済的負担が少ない

車中泊では基本的に宿泊費が必要ありません。特に各地を転々とする長期旅行や、頻繁に旅を楽しむ人にとっては宿泊費の割合が高いので宿泊費の節約は魅力的です。

近年は各地にある道の駅やサービスエリアの充実により、非常に快適な車中泊が格安で実現できるようになったのも人気の理由です。

車中泊は時間に縛られない

通常ホテルや旅館などの宿泊施設では、チェックイン・アウトや食事時間の制限があります。

車中泊なら自分の都合で行動できるので、気兼ねすることなく気軽に行動できます。

車中泊は泊まる場所が自由

宿泊施設まで移動することなく、自由な場所で泊まることができるのが車中泊の魅力です。

ただし道路上や宿泊が禁止されている場所では車中泊をしてはいけないので看板などをしっかりと確認しましょう。

車中泊のデメリット・注意点

車中泊は防犯上の不安がある

車中泊で一番怖いのが犯罪に巻き込まれることです。暗闇の中では車の周りに人がいても気づきにくいですし、悪意を持っている人がいないとも限りません。

施錠をしっかりするのはもちろんですが、陰になりやすい場所に停めないなどの配慮も必要です。

車中泊は空間が狭い

車の大きさにもよりますが、立派なキャンピングカーでもない限り、車内のスペースが限られるので部屋の中で過ごすようにはいきません。

エコノミー症候群になる可能性もあるので対策をとることが重要です。

車中泊にはトイレの問題がある

道の駅やサービスエリアなどにはトイレや洗面所がありますが、何も無い場所で車中泊をするときに困るのがトイレ問題です。

車内で済ませられるような携帯トイレや水の用意は必須でしょう。特に女性がいる場合には重要問題です。

その他にも暑さ・寒さ対策や給油の問題などもあります。デメリットや注意点が多い車中泊ですがそれを上回るほどのメリットや魅力があるのも事実です。

車中泊おすすめグッズ3点

車中泊を快適に楽しく過ごすには装備が必要です。車中泊に持っていきたい便利なグッズを3点紹介します。

車中泊専用マット

Rakuten(楽天)

➤➤➤車中泊専用マット

車中泊の必需品といえばマットです。シートを倒して寝ると段差が気になりますがマットを敷くことでフラットな空間を確保できます。使わないときは空気を抜いて畳むことでコンパクトになり場所をとりません。

マルチインバーター

Rakuten(楽天)

➤➤➤マルチインバーター

車の中で家電を使うときに必要なのがDC/ACインバーターです。インバーターを使うことにより車内で電子レンジやドライヤーなどが使えるようになります。800Wから2000Wまであるので用途に合った出力を選びましょう。

セキュリティーキット

Rakuten(楽天)

➤➤➤セキュリティーキット

車から離れているときにイタズラや盗難から愛車を守ってくれるカーセキュリティーですが、車中泊での防犯対策としても有効です。カーセキュリティーは高いイメージがありますが、載せ替えができるキットなら比較的安価で設置可能です。

その他にも『車中泊専門店ONLY STYLE』には快適・便利な車中泊グッズが揃っています。


車中泊を快適に楽しむには事前の準備が大切です。最近は車中泊人口の増加によりマナーを守らない困った人が増えていますが、マナーをしっかりと守って快適な車中泊を楽しみましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
気軽なイメージがある車中泊ですが、やはりそれなりの装備や準備を備えておかないと快適には過ごせません。経済的で便利な車中泊なので、マナーの厳守と宿泊場所の検討、事前準備をしっかりとして車中泊に出掛けましょう。
おすすめの記事