タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ

タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ【水性・油性・ひび割れ】

黒々として艶のあるタイヤは車をキレイに見せる

おしゃれは足元からというように、洗車してボディを磨き上げてもタイヤが汚れていたら台無しです。タイヤを水洗いしたあとにタイヤワックスを掛ければ艶が出るだけでなくて、汚れや色あせを防いでくれます。

タイヤワックスには種類があって中にはひび割れを起こすものがあるので要注意です。今回はタイヤワックスの種類や選ぶときの注意点、おすすめ商品を紹介していきましょう。

ホイールクリーナー人気ランキングはこちらをご覧ください。

参照記事:車用ホイールクリーナー人気ランキング【鉄粉除去・最新版】

タイヤワックスには油性と水性がある

タイヤワックスにはシリコンを親油性の溶剤に溶かした油性とシリコンを水に溶かした水性があります。それぞれに特色があるので自分に合ったものを選びましょう。

油性タイヤワックス

油性タイヤワックスは塗りやすく、ツヤがある仕上がりになります。また値段が安くてお求めやすいメリットがあります。

しかし石油系溶剤が含まれているとタイヤにひび割れを発生させることがあるので、成分を確認して石油系溶剤が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

水性タイヤワックス

水性タイヤワックスにはゴムを劣化させる成分が含まれていないので、ひび割れの心配はありません。しかし値段がやや高めです。

水性タイヤワックスはツヤを求めるよりもタイヤの保護剤として活用するといいでしょう。

おすすめのタイヤワックス/人気ランキングベスト3

第3位:SOFT99 (ソフト99) タイヤブラックワックス

タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ3

昔からある固形タイプのタイヤワックスです。自然なツヤが得られて持ちがいいメリットがあり、液垂れしてホイールを汚す心配がありません。仕上がりにこだわる方におすすめなタイヤワックスです。油性タイプ。

SOFT99 タイヤブラックワックスを使った感想

やっぱりタイヤワックスは油性の方が良いですね。効果が高くて耐久性があります。油性ワックスはタイヤが劣化しやすいという評判ですが、ワックスが原因で劣化する前にタイヤ交換の時期が来るので全く問題ありません。ホイールに付かないように塗るのが多少難しいですが、もし付いてもウエスで拭けば簡単に落ちますよ。
下品な黒光りじゃなくて落ち着いた黒になる感じです。何度か洗車しても効果は続いているので耐久性もあるんでしょう。いつもはカー用品店で売っている安いスプレータイプで済ませていましたが、固形のタイヤワックスは全然違いますね。
タイヤワックスって正直面倒なんですけど、塗った後はいつも満足してしまいます。車の足元が引き締まると気持ち良いですよね。このSOFT99 タイヤブラックワックスはギラギラの黒ではなくて新品のタイヤみたいな色になります。長持ちするしコスパも良くていつも人気ランキング上位なのはわかります。

第2位:CARMATE (カーメイト) タイヤワックス 超艶ブライトマジック 2本セット

タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ2

ミストタイプの油性タイヤワックスです。雨にも強くて黒々としたツヤが長期間持続します。紫外線をカットする効果があり、タイヤの色あせやひび割れ、劣化を抑えます。ミストタイプのスプレーなのでホイールに液垂れしにくく、楽に作業できます。

CARMATE 超艶ブライトマジックを使った感想

これを使うまでは固形ワックスで丁寧に塗っていました。固形ワックスは間違いなくキレイになりますが、でもやっぱり手間がかかるんですよね。だからスプレータイプで効果が高いタイヤワックスを探してみたところ、この「CARMATE 超艶ブライトマジック」に出会いました。結果的に良かったです。安いスプレータイプとは全然違って長持ちするし、固形ワックスよりも塗るのは簡単。頻繁に塗れるのでいつもタイヤはピッカピカです。
洗車後の仕上げにササッとスプレーで塗れるから便利です。長持ちするしタイヤの保護にもなるので重宝しています。
かなり古くなったタイヤでもツヤツヤになりますね。手間を考えてこの商品にしましたが、効果も抜群で耐久性が良くて満足しています。

第1位:SurLuster (シュアラスター) 水性 タイヤワックス S-67

タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ1

自然なツヤと持ちの良さが特徴の水性タイヤワックスで、タイヤ本来の輝きを取り戻せます。塗り込みタイプなので、スプレー式にありがちなボディやホイールへの飛び散りを心配せずに作業できます。手を汚さずにムラなく塗れる専用スポンジが付属しています。

シュアラスター 水性 タイヤワックスを使った感想

水性なので耐久性は期待していませんでしたが結構持ちますね。とにかく塗るだけの簡単でタイヤがキレイになり、耐久性も高くて保護にもなると良いことだらけです。さすがタイヤワックスの人気ランキング1位ですね。
乳液タイプのワックスをスポンジで塗るだけです。洗車後に毎回塗っていますが、タイヤにツヤが出て車全体が引き締まる感じがします。
タイヤワックスとしての効果はランキング1位の人気を見ただけで担保されているでしょう。意外だったのは、そこそこ量があるので頻繁に塗っても1年~2年は持ちます。1回あたりのコストを考えるとかなりお得ですよね。洗車のたびに塗っています。

タイヤワックスの使い方

洗車をして水気を拭き取る

タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ【水性・油性・ひび割れ】

まずはキレイに洗車しましょう。タイヤについた泥汚れや油分をしっかり落としておきます。

タイヤワックスを塗る

タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ【水性・油性・ひび割れ】

固形タイプや乳液タイプは、付属のスポンジにタイヤワックスを含ませてからタイヤに塗り込んでいきます。スプレータイプの場合は上から下に向かってタイヤワックスを吹き付けていきます。

このときできるだけ均一になるようにタイヤワックスを塗っていきましょう。

乾燥させる

タイヤワックスの人気ランキング・おすすめ【水性・油性・ひび割れ】

10~20分程度乾燥させて完成です。ムラが気になるときは乾ききる前にウエスなどで軽く拭き取れば落ち着きます。

ライター:「アンドロイド村上」
タイヤワックスは気軽に塗れるスプレータイプが人気ですが、固形や乳液の塗り込むタイプのほうがツヤが自然で長持ちします。どんなにボディがキレイでもタイヤやホイールが汚いと愛車の魅力が半減してしまいます。定期的なタイヤワックスによるケアが大切ですね。
おすすめの記事