激安中古車って買っても大丈夫なの?

中古車店や中古車情報サイトで『コミコミ20万円!』とか『諸費用込みで30万円』のような激安中古車をよく見かけます。中にはこのような激安中古車を専門に扱う中古車店もあったりします。

いくら中古車でも諸費用が10万円以上は掛かるので、ここまで安いと心配になってしまいますね。

それではなぜこれほど安い中古車を売ることができるのか、そして激安中古車購入の注意点は何かを調べてみましょう。

20万円~30万円の激安中古車を買うときに注意したいこと

激安中古車誕生のからくり

例えば車検残が無い車両本体価格が20万円の中古車を買う場合、車検と登録諸費用や簡単な納車整備を合わせると40~50万円ほどになってしまいます。

諸費用が15~25万円掛かるとすると『コミコミ20万円!』とか『諸費用込みで30万円』の激安中古車の車両本体価格は数万円程度ということになります。

また、中古車販売店は利益を得る商売をしているので、この価格で利益を上げるとなると仕入れ価格がほとんどタダ同然でないと儲からないことになります。

このことから激安中古車誕生のからくりは、

  • 走行距離過多の車や廃車寸前の車
  • 年数が経っていて不人気な市場価値の無い車
  • 訳アリ車(重大事故や修復に難があるなど)

これらの車両がベースとなり激安中古車として販売されていることが多いようです。

割り切って乗るなら激安中古車もアリ

激安中古車を購入して10年乗ろうとする人はあまりいないと思います。しかし、割り切った考え方であれば激安中古車でも充分に普段の足にすることができそうです。

  • 車検残期間だけ乗れればOKな人
  • お金が無くローンも組めないけど、とりあえず足となる車が必要な人
  • 車の状態を目利きすることができる人
  • 自分で車の修理やメンテナンスができる人
  • 車に突然トラブルが発生しても困らない人

これらのことを覚悟できる人であれば激安中古車を買っても問題ないかもしれません。

激安中古車を探す

激安中古車を探すなら中古車情報サイトで検索してみましょう。

➤➤➤車選び.com

 

車の一括査定(無料)

激安中古車を買うときに今乗っている車があれば、いきなり下取りに出さず一度、無料の一括買取査定を受けてみることをおすすめします。

➤➤➤ズバット車買取比較

価値が無い車と諦めていても思わぬ高値がつくかもしれませんよ。

ライター:「アンドロイド村上」
価格だけを見ると魅力的な激安中古車ですが、からくりを考えるとおいそれと手が出せる代物ではないことが分かります。しかし割り切った考えと、車に対する知識を持つ人なら乗りつぶすには最適な車であるようです。
おすすめの記事