未使用車(新古車)特有の選び方に注意する

未使用車新古車)とは、新車登録を済ませてナンバーが付いた車ですが、まだ買い手がいない車のことです。実質的に未使用車=新車となりますが、あくまで一度登録された車なので中古車として扱われます。

参考記事:中古車市場の未使用車・新古車はお得なのか

通常の中古車と違い、未使用車はほとんど走行していないので新車の感覚で買うことができます。しかし未使用車特有の選び方や注意点があるので、買うときにはしっかりチェックするようにしましょう。

未使用車・新古車の選び方・注意点

未使用車を選ぶときの注意点

新車同様の未使用車ですが、完全な新車とは違います。未使用車ならではの注意点を知っておきましょう。

全くの未使用ではない

未使用車といっても完全な未使用ではありません。搬送や展示場内での移動などで数十キロ程度走行していることがあります。中には100キロ近く走っている車もあるので、走行距離に疑問を感じたら店員に理由を聞いてみましょう。

※完全な新車でもメーカーやディーラー内での移動があるために、数キロ走行した状態で納車されます。そのため距離計がゼロの状態で購入することはできません。

展示品である

未使用車は展示されていたり、保管期間が長かったりするので、傷や汚れが付いていることがあります。例えるなら家具や家電の展示品を買う感じです。

傷があっても修理してくれるとは限らず、購入後のクレームも効かないことがあるので注意しましょう。

色やグレード、オプションが選べない

あくまで現車を買うのが未使用車です。たまたま自分が欲しい色やグレードがあればラッキーですが、そうでない場合は目の前の車で我慢するか、買わないかのどちらかです。同様にメーカーで装着されるオプションを選ぶこともできません。

現行モデルとは限らない

モデルチェンジ直前に登録された車や長期保管されていた車も未使用車として販売されます。型落ち車でも気にしない人ならいいですが、そうでない場合は注意しましょう。

細かいことが気にならなければ未使用車はお得

色やグレード、ちょっとした傷などが気にならない人であれば、新車同様の車が安く買える未使用車はお得といえます。しかし完全な新車ではないので、中古車を選ぶ感覚で各部をチェックする必要があります。

未使用車は長期保管によりバッテリーが弱っていたり、フロアマットやバイザーなどの付属品が付いていないことがあります。当然、それらを交換・追加するときには費用が掛かります。

基本的に新車保証を受けられますが、中には保証書が欠品していることがあるので購入前に保証書と保証期間を確認しておきます。

新車同様の車を安く買える未使用車ですが、買うときには中古車をチェックする感覚で選ぶようにしましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
どんな車でもいいからとりあえず新車に乗りたい人には、安く買える未使用車が最適です。しかし人気のある車種の未使用車はすぐに売れてしまいます。納得のいく未使用車に出会うには運と努力が必要になるようです。
おすすめの記事