金利を抑えて中古車ローンをお得にする方法

ローン中古車を購入するときは返済方法や返済回数、そして金利のことを考えなければなりません。月々の支払額に目を奪われずに総支払額を抑えることがポイントです。

そこで今回は賢い中古車ローンの選び方や金利を抑える方法を紹介していきます。

中古車ローンの賢い選び方・組み方【金利】

中古車ローンの金利とは

お金を借りたときに対価として利息を支払いますが、借りている額に対して支払う利息の割合を「金利」といいます。

金利によって支払い総額に大きな差が生まれます。毎月の返済額を抑えるために返済回数を増やしても、総支払額が増えてしまったら結果的に損をしてしまいます。

ローンを組むときは金利を含めた総支払額をしっかりと確認することが大切です。

返済方法による金利の違い

ローンの返済方法には元利均等返済と元金均等返済があります。

元利均等返済はローン返済の期間中、元金と金利を合わせた一定額を毎月返済していく方法です。

元利均等返済のメリットは毎月の返済額が一定で返済計画が立てやすいことです。

しかし返済額に占める元金と金利の割合が毎月変化していき、返済開始当初は金利の割合が高くなって元金がなかなか減らないデメリットがあります。また元金均等返済よりも返済期間が長くなりがちで、金利の総支払額も高くなります。

元金均等返済は元金の返済額を一定にする返済方法です。毎月一定額の元金を返済していきますが、返済開始当初は金利の額が大きいために元金と金利を合わせた返済額が高くなってしまいます。

もちろん元金を返済していくうちに金利は減少していきますが、元利均等返済と比較して返済開始当初の負担が大きいデメリットがあります。しかし返済期間が短くなって、金利の総支払額が低くなるメリットがある返済方法です。

中古車ローンの金利を抑える方法

中古車ローンは返済回数や完済までの期間がとても重要です。支払い回数が多くて期間が長いほど支払う金利の額が大きくなっていき、総支払額も増えていきます。

なるべく少ない回数で返済を終えてローンを完済すれば金利を低く抑えることができます。

しかし無理のある返済額に設定してしまうと、車の維持ができなくなって手放す必要が生じてしまうかもしれません。金利を抑えることも重要ですが、収入に合った返済計画を立てることも大切です。

中古車ローンの選び方

今までは中古車販売店が用意しているローンを組むのが一般的でしたが、最近はインターネットで提供されているローンを組む方が多くなってきたようです。

金利が低いことで有名なローンのひとつに銀行が用意しているカーローンがあります。他のローンと比べて審査が厳しいですが、条件に合う方は活用することをおすすめします。

中古車ローンを組むときは金利を含めた「総支払額」をよく確認しておきましょう。そして自分に合った支払い方法と無理のない返済額でローンを組むことが大切です

ライター:モータージャーナリストを目指す「Harry」
中古車のローンは長期になることが多くて、支払う金利の総額も大きくなりがちです。返済方法によっては元金と金利の総額が同じくらいになって、最終的に元金の2倍の額を返済することがあるからです。金利をいかに抑えるのかが中古車ローンを選ぶコツです。
おすすめの記事