中古車を買うときは保証期間・条件・内容に注意

新車よりも大切な中古車の保証

中古車を選ぶときは、保証の有無や内容を確認しておかないと後々困るかもしれません。

新車と違って1台1台のコンディションが違う中古車は、いつどこが壊れるのか予測できないので保証がとても大切なのです。

なぜ中古車に保証が必要なのか

中古車は一度人の手に渡って使用された車です。新車の場合は同一車種、同一グレードであれば品質は均一です。

しかし中古車は前オーナーの使用状況によって1台1台のコンディションが異なるので、いつどこが壊れたりトラブルが起こるのか予測することができません。

中古車販売店でも次のオーナーに売り渡す前に点検整備を行いますが、絶対に壊れないとはいえません。

中古車を購入後も安心して乗り続けるためには、保証の有無や保証内容がとても重要になってきます。

3タイプある中古車の保証

新車には必ずついている保証ですが、中古車の場合は保証がついていないことがあります。そのため中古車を購入する前に保証の有無や保証内容、条件などを販売店に確認しておくことが大切です。

中古車販売店によっては無料保証ではなくて料金を請求されることがあります。加入期間や車種、年式、走行距離によって保証料金が変わるので事前に確認しておきます。

中古車販売店で購入した場合の保証は3タイプあるようです。

新車保証の継承

新車を買うと必ずついてくる「新車保証」は、保証期間内であれば中古車で購入した場合でも有効です。

エンジンやブレーキ関係などの重要部品は登録から5年以内または10万キロ以内の保証、その他の部品は登録から3年以内または5万キロ以内の保証となっていることが多いようですが、メーカーによって内容は異なります。

中古車販売店独自の保証

新車保証が切れている車や、より保証を充実させたいときに中古車販売店が独自で定めた保証をつけることがあります。

ディーラーの場合は新車保証に準ずる内容になっていることが多いようですが、中古車販売店が用意する保証は店舗によって条件や内容が異なります。

延長保証

保証が切れた中古車でも、料金を払えば保証を延長できることがあります。

保証の内容や条件は中古車販売店によって様々ですが、大手の販売店ともなると5年~10年の長期保証があるようです。

中古車の保証は購入後6ヶ月~1年となっていることが多いようです。

新車と違っていつ壊れるのか分からないのが中古車です。購入直後に壊れてしまってあわてないように必ず保証をつけておきましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
中古車を安く購入しても納車後にすぐに壊れたら修理費用がかさんでしまって、結局は高い買い物になってしまいます。中古車は前オーナーの使い方によって状態がまちまちなので、安心して乗るために充実した保証をつけておくことをおすすめします。
おすすめの記事