安心して中古車を買うならメーカー認定中古車がいいのか

中古車は新車と違って1台1台の状態が異なります。そのため購入時には各部をチェックしてしっかりと見極めることが必要になってきますが、車に詳しくない人が車の良し悪しを判断することはまず無理でしょう。

しかしメーカー認定中古車なら安心して購入できると多くの人から人気を集めています。

メーカー認定中古車とは

メーカー認定中古車は新車ディーラー系列で販売されることが多く、国産車メーカーの全てがメーカー認定中古車を販売しています。最近ではメルセデスベンツやフォルクスワーゲンなどの外車でも、メーカー認定中古車を展開しています。

新車ディーラーが新車販売時に下取りした車を整備したものがメーカー認定中古車です。

通常の中古車と違うのは、自社で販売した車をベースとしているので徹底的に整備ができ、新車に近い状態にリフレッシュして売ることができるので安心感が高いことです。

中古車を買う側から見ると、どこの誰か分からない人がどのような履歴で扱われたのか分からない車を買うのは不安があります。

しかしメーカー認定中古車なら、前オーナーや整備履歴などの素性がはっきりしている上に徹底的に整備された車なので、新車に近い感覚で安心して買えるのがメリットです。

メーカー認定中古車のデメリットは、通常の中古車に比べてかなり高価なことです。

手厚い整備や保証による価格アップ以外にも、新車ディーラーの本業である新車顧客囲い込みのために下取り額を高めに設定しているので、必然的に中古車の価格も高くなってしまいます。

新車に近い安心感を求めるならメーカー認定中古車がおすすめ

カーセンサーなどの中古車情報サイトとメーカー認定中古車を比較するとかなり値段に開きがあることが分かります。ここまで高価な中古車を求めるのはどのような購入層なのでしょうか。

中古車には必ず前オーナーが存在しますが、認定中古車なら自社ディーラーで販売・管理されていた車なので整備・修理履歴やコンディションが把握できているおり、一般的な中古車店より遥かに安心して購入することができます。

整備にしても法定点検だけに留まらず、専用テスターでの診断、細部に渡る数多くの点検、消耗品などのパーツ交換が無条件で行われており、板金修理なども全て終えた上で販売リストに載ることになります。

新車に近い保証が付き、アフターサービスも新車同様の体制で整備されるので購入する上での不安要素は少なく、もしものときのフォローもあるので安心して乗ることができます。

メーカー認定中古車は価格の安さを追い求める人には不向きな中古車です。高くても安心して乗ることができる中古車を求めている層に応えるのがメーカー認定中古車と言えます。

ライター:「アンドロイド村上」
中古車で一番怖いのが購入直後にトラブルが発生することです。せっかく安く買ったとしても購入直後に壊れてしまっては逆に高い買い物になってしまいます。メーカー認定中古車なら購入後も手厚い保証により守られていますので安心して乗ることができます。
おすすめの記事