車のマフラーから出る白煙の原因に関する質問

先日友人から「あなたの車のマフラーから白煙が出ているよ。」といわれました。

気になってマフラーの出口を確認したところ少し臭いがする白煙のようです。

この白煙の原因は何でしょうか。このままにしておいても大丈夫でしょうか?

 

臭いがしなければ問題ありません。しかしオイルが焼けるような臭いがする白煙の場合は整備工場で点検してもらいましょう。

 

 

臭いがする白煙はエンジントラブルの可能性がある

始動直後に出る白煙は、エンジンが温まるにつれて消えていくものなので問題ありません。

しかしいつまでも白煙が収まらずに、なおかつ臭いがするようならエンジントラブルのシグナルかもしれません。車のマフラーから臭いがする白煙が出たらなるべく早く点検に出すべきです。

車のマフラーから出る白煙の原因

車のマフラーから出る白煙は「水蒸気」と「臭いがする白煙」の2種類に分類されて、それぞれで原因が異なります。

水蒸気

マフラーから出る水蒸気は始動直後の冷えたエンジンが発生する煙で臭いがしません。この水蒸気はエンジンが温まると出なくなります。

マフラー内で冷えた水蒸気が水滴に変わり、車を加速させたときやエンジンを吹かしたときに水噴射のように排出されることがありますが、極めて正常なことなので何ら問題はありません。

車のマフラーから出る水についてはこちらの記事を参考にしてください。

参考記事:車のマフラーから出る水の原因は?大丈夫なのか?

臭いがする白煙

臭いがする白煙が出るときはエンジントラブルを疑ったほうがいいでしょう。特にオイルが焦げたような臭いがしたら要注意です。

水蒸気と違って臭いがする白煙はエンジンが温まっても消えません。

車のマフラーから出る臭いのある白煙の原因

車のマフラーから出る臭いのある白煙の正体はエンジンオイルです。

ピストンとシリンダーまたはバルブステムのクリアランス(隙間)が、何らかの原因で広がったときにエンジンオイルが燃焼室に入り込んでしまう現象で、「オイル上がり」や「オイル下がり」とよばれています。

オイル上がり

エンジンのピストンとシリンダーには、あらかじめクリアランスが設けられています。

しかし何らかの理由でクリアランスが拡がって、エンジンオイルが燃焼室内に上がってきてしまう現象がオイル上がりです。

オイル上がりを起こすとオイルとガソリンが燃えてしまうために白煙が発生します。エンジンを吹かしたときに大量の白煙が出たらオイル上がりを疑います。

オイル下がり

エンジンオイルが吸気バルブ周辺を伝わって燃焼室内に入り込む現象がオイル下がりです。

オイル上がりとオイル下がりで原因がまったく異なりますが、どちらもマフラーから臭いのある白煙が出る現象なので原因の特定が難しい症状です。

これら以外にも何らかの原因でエンジンオイルが燃焼室内に入り込むと、臭いのある白煙を発生します。

車のマフラーから臭いのある白煙が出たときの対処法

車のマフラーから臭いのある白煙が出た場合、オイル上がりかオイル下がりで対処法が変わってきますが、その場しのぎの方法では根本的な解決にはなりません。

一般的にオイル上がりの場合はエンジンオイルの粘度を上げたり、オイル下がりの場合は添加剤を入れてオイル漏れを抑えたりします。しかし一時的に白煙が収まったとしても、いずれ再発してしまう可能性が高い対処法です。

車のマフラーから臭いのある白煙が出た場合、エンジン内で重篤なトラブルが発生していると考えられます。その場しのぎの対処法をすると、かえって症状を悪化させるかもしれません。速やかに整備工場かディーラーに入庫して点検・修理してもらいましょう。

ライター:「アンドロイド村上」
今どきの国産車であれば定期的なエンジンオイルやエアフィルターの交換、そしてメンテナンスを受けていれば、マフラーから臭いのある白煙を出すことはまずありません。大きなトラブルを防ぐために日頃の点検を欠かさないようにしましょう。
おすすめの記事