事故でガードレールにぶつけたときの修理代は?という質問

単独事故でガードレールにぶつけてしまったら弁償しないといけないですか?ガードレールの修理代や値段は高いですか?

 

単独事故でもまずは警察に届け出る必要があります。ガードレールを弁償するかどうかは道路管理者が決めます。

 

 

車をガードレールにぶつけてしまったらまずは警察へ連絡

車で道路を走っていると、ベコベコになったままのガードレールを見かけることがあります。単独事故でガードレールへぶつけてしまったときに、そのまま立ち去る人もいるようです。しかし単独事故であっても警察に連絡する必要があり、場合によってはガードレールを弁償しなければなりません。

単独でガードレールにぶつかっても交通事故になる

居眠りや脇見運転などでガードレールにぶつけてしまったときの自損事故でも交通事故扱いとなり、警察への報告義務が生じます。もし車やバイクを運転中にガードレールにぶつけてしまったり、擦ってしまったときは速やかに110番して警察を呼びましょう。

なお運転ミスによる単独事故であれば、違反や罰金、罰則を科せられることはありません(わざとぶつけた場合は建造物損壊罪などに問われます)。

警察に届け出ると事故証明書を発行してもらえるので、自動車保険(任意保険)の請求がスムーズにできるようになります。

ガードレールにぶつけてしまったら保険会社にも連絡する

ガードレールにぶつけてしまったら必ず保険会社にも連絡しておきます。怪我をしたときの治療費や車の修理費で保険を使うのはもちろんですが、ガードレールの破損を弁償するときに自動車保険が使えるからです。

※ガードレールの弁償などの物損事故で自賠責保険は使えません。

ガードレールの値段や修理代はいくらなのか

道路に設置されているガードレールはすべて同じではなく、高速道路用や国道用などで規格が異なります。

ガードレール修理代は規格によって違いますが、1mあたりおよそ5000円~9000円といわれています。あくまでもこの値段は1mあたりの単価です。ぶつけた箇所だけでなく、ゆがみが広範囲に渡っていれば交換する長さが長くなるので金額が跳ね上がります。

ガードレールの交換には修理費用が掛かる

ぶつけたガードレールを弁償するときは交換するガードレール代だけでは済みません。破損したガードレールを外して、新しいガードレールに入れ替える設置工事費用が掛かるからです。

修理費用は工事日数、人数などにより変わってきますが、大規模になるほど高額になるのは想像できますね。

ぶつけられたガードレールの弁償を決めるのは道路管理者

ガードレールの管理は設置されている道路の道路管理者が行っています。

・国が管理する国道なら国土交通省
・その他の国道や県道、市道はその地域の土木管理事務所

ガードレールにぶつけたときの道路管理者への連絡は、警察や保険会社が行ってくれます。

ぶつけられたガードレールの弁償を決めるのは道路管理者です。軽度な破損なら弁償を免れるかもしれませんが、こればかりは判断を待たないとなんともいえません。

もし支払いの督促がきたら迅速に手続きするようにしましょう。無視して放置しても車のナンバープレートや連絡先が分かっているので逃げられません。

ライター:モータージャーナリストを目指す「Harry」
車線からの逸脱を防止するために重要な役目をしているガードレールですが、残念なことに当て逃げされる確率がとても高いようです。当て逃げしてバレたら建造物損壊罪などに問われてしまい、とても高い代償を支払うことになるので、素直に届け出るようにしましょう。
おすすめの記事