ブラックリストの人は車をローン購入できないのかという質問

過去に消費者金融で遅延事故を起こしてしまい、ブラックリストに載ってしまったようです。

ブラックリストに載ると自動車ローンを組めませんか?

 

債務整理や自己破産をしてから、どのくらい期間が経過しているのかにもよりますが、ブラックリストに載った人が自動車ローンを組むのは難しいようです。

 

 

ブラックリストに載ると自動車ローンが組めない理由

ブラックリストとは過去に消費者金融やクレジットカードなどで借金返済のトラブルを起こしてしまい、個人再生や自己破産、債務整理、焦げ付きとなって日本情報信用機構や全国個人情報センターに記録された人のことです。

ブラックリストに載った場合、官報に記載されない内容であれば5年、それ以外の場合は7年間記録が残ります。

お金を借りるときは信用の有無を重視されるので、ブラックリストに載るとローンを組んでを買うことが難しくなります。

ブラックリストに載った人が自動車ローンを組めるようになる方法はあるのか

まず最低条件としては借金を完済していることです。

滞納があればきっちりと支払っていて、債務整理をしたのであれば返済を終えていること。裏ワザ的なことは一切なくて、借金を完済する以外には方法がありません。

借り入れを完済してから5年~7年以上経過すれば、信用情報機関から事故情報が消えて普通にローンが組めるようになります。

ブラックリストに記録が残っている間に車を購入するには

ブラックリストに記録が残っている間は、大手信販会社や銀行系からお金を借りることはできません。

しかしディーラー系のローンの場合、車を販売したいという事情から状況によっては借り入れが可能になるケースがあります。

現在は債務整理などに取り組んでいても、頭金や保証人の用意次第によっては審査が通るかもしれません。

また年収や勤務状況が問題なく、ブラックリストに載ってからある程度の年数が経過して信用を回復していると判断されれば、ローンを組める可能性があります。

どうしても車が欲しいときは現金一括で購入する

ブラックリストが影響するのはローンを組むときなので、現金で支払うことができれば車の購入は可能です。

もしローンの審査が通らなかったときは現金一括で車を買いましょう。

新車だと結構な金額が必要ですが、中古車であれば少し貯金を頑張ることでなんとかなるはずです。

自分がブラックリストに載っているからといって、絶対に車を買えないわけではありません。どうしても車が欲しいときは貯金をして現金一括で購入しましょう。

ライター:モータージャーナリストを目指す「Harry」
ブラックリストに載っている人でも、借金を完済していて安定した収入があればローンで車を購入できるかもしれません。しかし審査が通っても多額のローンを組めるとは限りません。できるだけ多くの頭金を用意したり、安い中古車を選ぶなどして工夫してください。
おすすめの記事