4輪を駆動して安定した走りを可能とする4WD

前輪か後輪のどちらかを駆動する2WDと違って、 4輪すべてを駆動する4WD(AWD)は悪路などでも安定した走りが可能です。しかしコストが高い、燃費が悪いなどの4WDならではの短所があるのも事実です。

そこで今回の記事では4WD車メリットデメリットを紹介していきます。

4WD車のメリット・デメリット【AWD・燃費】

4WDとは

4WD車のメリット・デメリット【AWD・燃費】

4WDとはfour wheel driveの略です。エンジンが発生した出力が、4つのタイヤを駆動することで高い走破性を獲得することができます。

メーカーによって4×4やAWD(All wheel drive)とよばれることがありますが、基本的にはすべて同じで4WD駆動方式のことです。

4WDの仕組み

4WDは前後輪への駆動配分によってさまざまなシステムが存在します。

フルタイム4WD

常に4輪駆動するシステムです。どんな場面でも4輪に駆動が掛かっているので、安定性は抜群です。

パートタイム4WD

通常は前輪または後輪を駆動する2WDでありながら、ドライバーの操作によって4WDに切り替えるシステムです。

シチュエーションに合わせた駆動方式を選ぶことができて、燃費の向上が期待できる機能といえます。

パートタイム4WDと同様に通常は2WDで走行して、路面状況の変化に応じて自動的に4WDに切り替わるのがスタンバイ式4WDです。こちらはドライバーの操作ではなくて、コンピューターが自動で2WD⇔4WDの切り替えを行います。

4WDのメリット・デメリット

高い走破性を誇る4WDですがデメリットも存在します。駆動方式で車を選ぶときは総合的な判断が必要です。

4WDのメリット

  • 雪道や凍った路面、悪路でも高い安定性で走破できる
  • エンジンの出力を無駄なく路面に伝えられる
  • 発進性能や加速性に優れる

4WDの最大のメリットが悪路走破性の高さです。2WDではスリップして走れない路面であっても、4WDなら4輪が路面をとらえて走破できます。

2WD+ハイパワーエンジンの組み合わせはコントロールが難しくてタイヤのグリップに依存するところが大ですが、4WDであればエンジンの出力を余すことなく路面に伝えられます。日産GT-Rを始めとするスポーツカーが4WD方式を採用しているのはそのためです。

4WDのデメリット

  • コストが高くなる
  • 2WDと比較して燃費が悪い

4WDは部品点数が増えるため、車両価格が高くなります。同一車種で2WD仕様と4WD仕様を比較すると20~50万円程度の差があります。

部品点数の増加は車両重量にも影響してしまい、同一車種であれば4WD仕様のほうが燃費は悪くなります。

ライター:こだわりの車好き「小林ナオト」
走行性能や安全性に優れた4WDですが、万能選手ではありません。使用目的やシチュエーションによって選ぶようにしましょう。4WDで雪道を走ると運転が上手くなったように感じますが、過信は禁物です。4WD車であっても安全運転を心がけてください。
おすすめの記事