燃費節約のために暖房をつけないのは間違いだった

車に乗っているときに暑ければ冷房をつけて、寒ければ暖房をつけますよね。

しかし冷暖房をガンガンに使うと車の燃費が悪くなると思っていませんか?実はこれ、半分当たっていて半分間違いなんです。

車の暖房は燃費を悪くするのか【カーエアコンの仕組み】

車の暖房が暖かくなる仕組みとは

車のエンジンは、運転中に内部でガソリンを燃やしているので熱を発生します。

このエンジン熱の温度は、冷却水で適温(80~100℃くらい)になるようにコントロールされています。この温まった冷却水の熱を利用するのが車の暖房の仕組みです。

要するに、普段は廃熱として大気中に放出している熱を、暖房時に有効利用しているだけなのです。

よく『暖房をつけると燃費が悪くなる』と言う人がいますが間違いです。暖房をつけても燃費には全く影響しません

豆知識:夏場にエンジンがオーバーヒート気味になったときには暖房を最高温度にして、風量をMAXにするとオーバーヒート緩和に役立ちます(このときエアコンはOFFにしておくこと)。当然真夏に暖房なので室内は灼熱地獄になりますが、エンジンを壊さないためにも窓を全開にするなどして我慢してください。旧車乗りには必須の裏技ですが、最近の車でもイザというときには役立ちますよ。

エアコンをつけると燃費に影響する

車の暖房は燃費を悪くするのか【カーエアコンの仕組み】

車の空調には『冷房』『除湿』『暖房』があります。

前述したように暖房は燃費に影響がありません。しかし冷房除湿のときにはエアコンを作動させるので燃費に影響がでます。

エアコンのスイッチ(A/Cスイッチ)をONにするとコンプレッサーが作動することで冷たい空気を発生させます。

このコンプレッサーを動かすために、エンジンパワーの一部が使われるので燃費が悪くなります(およそ10%程度の悪化)。

なおエアコン作動中に風量を弱にしても強にしても燃費には差がありません。また、燃費の悪化を嫌ってエアコンをOFFにしてファンを回しても『送風』になるだけで冷房や除湿はされません。扇風機と同じ状態ですね。

豆知識:エアコンのスイッチを入れるときは、なるべくアイドリング状態のときにONにしましょう。エンジンが高回転中にエアコンをONにすると、コンプレッサーが突然高回転で回ることになるので故障しやすくなります。特に高回転型のスポーツカーでは要注意です(ホンダのタイプRシリーズでは常識です)。

 

「カーエアコンの仕組み」まとめ

  • 暖房を使用してもエアコンをOFFにしておけば燃費には影響しません。ただし暖房時にエアコンをONにすると燃費は悪くなります。
  • 冷房・除湿時にはエアコンをONにするので10%程度燃費が悪化します。

車の暖房は燃費を悪くするのか【カーエアコンの仕組み】

窓が曇ってしまうほど湿気が高いときには、燃費の悪化を気にせずにエアコンをONにして除湿しましょう。

このとき『デフロスター』にすると、効果的にフロントガラスやサイドガラスの曇りが取れます。燃費のことを気にして、窓が曇ったままでの走行は非常に危険なので止めましょう。

※今記事の内容はハイブリッドカーや電気自動車には当てはまりません。

ライター:「アンドロイド村上」
燃費のことを気にする人ほど、普段からエアコンをONのまま走行していることが多いようです。暖房時や送風時にはエアコンをOFFにして、冷房や除湿時には積極的にエアコンをONにして上手な空調を心がけましょう。
おすすめの記事