エアロパーツは車をドレスアップするためのものなのか

最近ではスポーツカーだけでなく、ミニバンなどにもエアロパーツが用意されています。

エアロパーツは本来、空気抵抗を小さくするためのものですが、ドレスアップ目的で装着している人が多いのではないでしょうか。

そこで今回はエアロパーツを付ける意味やメリットデメリットについて紹介していきます。

車に付けるエアロパーツのメリット・デメリット

車のエアロパーツとは

車は走行中、常に空気の影響を受けていて、速度の上昇と共にその影響が空気抵抗として作用していきます。空気抵抗は速度の低下や燃費の悪化、走行安定性をスポイルするなど、様々な悪影響を及ぼします。

エアロパーツは空気抵抗による悪影響を軽減させると同時に、空気の力を利用して走行性能を補う力に変換するためのパーツです。

主なエアロパーツの種類

フロントスポイラー

車に付けるエアロパーツのメリット・デメリット

車のフロント部分やバンパーに付けるスポイラーのことで、車体前面の空気の流れを整えて揚力を抑える効果があります。

形状や装着方法によって、フロントスポイラー、フロントバンパースポイラー、フロントハーフスポイラーなどとよばれます。

リアスポイラー

車に付けるエアロパーツのメリット・デメリット

車の最後部やトランクの上に付けるスポイラーです。車の上面を流れてきた空気を整えて、ダウンフォース(下向きの力)を得る効果を狙っています。

後ろを跳ね上げた形状にすることで車体後部で発生する渦巻現象を軽減して、空気抵抗を減少させます。

リアウイング

車に付けるエアロパーツのメリット・デメリット

見た目がリアスポイラーに似ているためによく混同されてしまいますが、飛行機の翼を上下反転させた形状のものをリアウイングとよんでいます。

リアウイングは空気の流れを下向きに整流することで、車体を押さえつけて安定性を高めます。

車のエアロパーツのメリット・デメリット

エアロパーツのメリット

エアロパーツを付けることにより、高速走行時の安定性を期待できます。車体形状に適合したエアロパーツは、最高速度の向上や燃費の改善に効果があります。

エアロパーツを装着すると車がスポーティなイメージに変身します。見た目を重視したい人にはドレスアップ効果も得られます。

エアロパーツのデメリット

エアロパーツが効果を発揮するのはサーキット走行などの高速域です。そのため街中を走っている程度の速度域では、空力的な効果を得ることは難しいでしょう。

ドレスアップ効果を狙ったエアロパーツの中には見た目だけを重視した結果、空気抵抗を増やしてしまうものがあります。

このようなエアロパーツはエアロダイナミクス効果が十分に検証されておらず、走行性能や燃費に悪影響を及ぼす可能性があるので要注意です。

ライター:「アンドロイド村上」
サーキット走行をする人や、日常的に高速道路を利用する人は、エアロパーツの恩恵を受けるはずです。しかし一般道におけるエアロパーツは単なる飾りと考えたほうがよくて、空力的なメリットはほとんど感じることができません。
おすすめの記事