リアワイパーが付いている車はリアガラスが汚れやすい

リアガラスが汚れたときに便利なリアワイパーですが、付いている車と付いていない車がありますよね。高級車だからという理由で付いているのではなくて、軽自動車にも付いている車が存在します。

リアワイパーはガラスの汚れを取ることが目的です。リアワイパーが付いている理由はリアガラスの汚れやすさにあるようです。

なぜリアワイパーが付いているのか

リアワイパーが付いている目的はリアガラスの汚れの除去です。水滴を取るフロントワイパーとは目的が違いますね。

雨天時に常に動かすフロントワイパーと違って、リアワイパーは必要なときだけ動かします。たとえばバックなどで後方確認するときに、水滴や汚れで見にくいリアガラスをキレイにしたいときです。

リアワイパーが威力を発揮するのはリアガラスの外側に付いた汚れです。

リアガラスの内側が曇ったときはリアデフォッガーを使用します。リアデフォッガーとはリアガラスに付いている電熱線のことで、リアガラスを温めて曇りを除去する装置です。

リアワイパーの有無はリアガラスの角度で決まる

リアガラスが立っている車に付いているリアワイパー

ハッチバックやミニバンなど、リアガラスが立っている車は空力的に巻き込まれた汚れが付着しやすくなります。その汚れ落としのためにリアワイパーが必要になるわけです。

軽自動車でもハッチバックタイプならリアワイパーが付いています。以前は高級装備のひとつであったリアワイパーですが、今では機能部品として必要であれば装着しているようです。

リアガラスが寝ている車にはリアワイパーが付かない

クーペやセダンタイプの車にはリアワイパーが付いていません。

このタイプの車のリアガラスは寝ていて、空気がフロントからリアまできれいに抜けていくので、リアガラスが汚れにくいからです。

リアワイパーは動きっぱなしにしない

リアワイパーはあるていど汚れが落ちたら止めるのが基本です。ときどき動きっぱなしにしている車を見かけますが、動かしたままだとワイパーゴムの劣化が進んで交換時期が早くなるので注意してください。

ワイパーゴムは1年に1度は点検・交換したほうがいいでしょう。

ライター:「アンドロイド村上」
リアワイパーが付いている車と付いていない車の違いは、リアガラスの角度にあることが分かって頂けたかと思います。リアワイパーは水滴取り用というよりは汚れ取り用の意味合いが強いようです。キレイな視界を確保するためにワイパーの点検をされてみてはいかがでしょうか。
おすすめの記事