ついに公称燃費リッター40kmをオーバーしてきた新型プリウス

2015年12月にフルモデルチェンジした、4代目となるトヨタのプリウスが売れています。

発表当初はあまりにも斬新なフォルムに嫌悪感を表す向きも多かったのは事実ですが、イザ発売されるとあまりの人気ぶりに生産が追い付かないほど売れに売れています。

気になっていた外観は、実際に見ると意外と格好良いと評判も上々なようです。どうも写真写りが悪いタイプのようですね!

プリウス最大の特徴と言えば『ハイブリッド』です。わざわざユーザーが高いお金を出してまでハイブリッドに期待することはズバリ『燃費』ですよね。

今回のフルモデルチェンジでプリウスはEスペックのJC08モード燃費において、ついにリッター40km越えの高い燃費を叩き出してきました。車重が70~80kg増えることで燃費が悪くなる4WDモデルでもリッター34kmの高燃費です。

これらの素晴らしい燃費は小型軽量化や改良が進んだバッテリー、エンジンの改良、ハイブリッドトランスアクスルの小型軽量化などにより実現されたものです。

しかしカタログ値の『公称燃費』が丸々実現できないことは今時のユーザーなら百も承知の事実です。ではプリウスの実際の燃費はどのくらいなのでしょうか?

トヨタプリウスの実燃費を検証

トヨタプリウスの実燃費を検証
出典:http://toyota.jp/prius/

JC08モード燃費においてリッター40km越えの高燃費を誇るプリウスですが、実際の走行における実燃費はどれくらいなのでしょうか。

当然ながら高速道路、一般道、渋滞、運転の仕方などの条件により実燃費は変わってくるので、JC08モード燃費を鵜呑みにすることは考えにくいですが、歴代プリウスを上回るのかに注目です。

まずは高速道路。多少の渋滞があったために若干の燃費低下が心配になりましたが、それでもリッター28~29.5kmほどの高燃費です。3代目プリウスがリッター25~26kmほどなので4代目は上回っていますね。

空気抵抗や各部のフリクションロスの低減などが燃費向上に一役買っているのでしょうけど、根本的な燃費の良さによる結果が出たと言えるでしょう。

市街地における4代目プリウスの実燃費はリッター26~27kmほどでした。

それほど渋滞に巻き込まれなかった結果の燃費ですが、ストップ&ゴーの多い街乗りでもこれだけ高い燃費を出せたのは、回生制動のパフォーマンスアップによるところが大きいのでしょう。こちらでも3代目プリウスより10%ほど高い実燃費となりました。

これらの結果により4代目プリウスは、3代目の燃費を更に高いレベルで凌駕していたと証明される結果となりました。

ライター:「アンドロイド村上」
E、S、Aと3つのグレードがあるプリウスですが、私のおすすめは『Sツーリングセレクション』です。 Sツーリングセレクションであれば、ハイブリッドモデルにありがちなチープさにガッカリすることもなく、走りや高燃費を満喫できるのでお買い得です。トヨタが世界に誇るハイブリッドカー4代目プリウス、あなたも1台いかがですか?
おすすめの記事