知らない間に車が傷だらけになっていたときには自動車保険で直せるのか

スーパーなどでの買い物中や、保管場所の駐車場に停めているときの車は、オーナーの目が届かないことがほとんどです。

施錠をしっかりしていてもボディは保護されていないので、意外と無防備な状態で置かれていることになります。

もし駐車中にいたずらや当て逃げなどで、傷をつけられたときの修理代は自動車保険で補償されるのでしょうか

駐車中に傷をつけられたときに車両保険は使えるのか【いたずら】

車両保険に加入していれば修理代は補償される

車の傷は車両保険に加入していれば補償を使って直すことができます。車両保険未加入の場合は修理代を保険で賄うことは不可能です。

もし車両保険未加入ならこの機会に保険の見直しをおすすめします。

➤➤➤自動車保険見積もりのインズウェブ

車両保険には2種類ありそれぞれで補償される範囲が異なっています。

参考記事:車両保険は必要?加入した方がいいの?

一般車両保険

オールリスクの補償で車対車以外にも自損事故、当て逃げ、自然災害、イタズラ、盗難などを補償するのが『一般車両保険』です。相手の有無に関わらず補償されます。但し、保険料は高くなります。

エコノミータイプ(車対車+A)

車同士の事故でのみ補償されるのが『エコノミータイプ』です。事故の相手が特定できない場合や自損事故は補償されませんが、その分一般車両保険より保険料が安くなります(エコノミータイプには盗難や自然災害を補償しない純粋に車対車のみを補償するタイプもあります)。

落書きやいたずらによる傷、飛び石などによる窓ガラスの破損の場合はどちらの車両保険でも補償対象になります。保険金額を上限に、免責分を差し引いた金額が支払われます。

※タイヤ単体にいたずらされて穴を開けられたりした場合には補償の対象外です。但し、ホイールにいたずらされた場合や車同士の接触により車体とタイヤに損害を受けたときには車両保険で補償されます。

エコノミータイプでは補償されないケースがある

一般車両保険、 エコノミータイプ、どちらの車両保険でも駐車中にいたずらされた傷や落書き、飛び石などによる窓ガラスの破損は問題なく修理代を補償してもらうことができます。

しかしそれ以上の損害になるとエコノミータイプの場合には補償されないことがあるので注意が必要です。

エコノミータイプで補償されないケースとは

エコノミータイプは事故の相手の車と所有者(運転者)が特定できる、車同士の事故の場合のみ補償される保険です。そのため当て逃げされた場合には補償を受けることができません。

落書きやいたずらによる傷、飛び石などによる窓ガラスの破損程度ならエコノミータイプでも補償してくれますが、損害が大きくなると補償の範囲外になってしまうので注意しましょう。

車両保険を使ったら翌年の保険料が高くなる

車両保険を使って落書きやいたずらによる傷、飛び石などによる窓ガラスの破損を修理した場合には翌年の契約更新で1等級ダウンし、事故あり割増率が適用されるために保険料がアップしてしまいます(車両盗難・飛び石・落書きなどの1等級下がる事故は1年間の適用)。

参考記事:自動車保険等級は事故あり・なしで割引率が違う

保険料アップを考えると修理代の金額によっては車両保険を使わずに自腹で解決したほうがトータルで安く済むケースがあります。そのため損益分岐点を考えて保険を使うのか判断したほうが良さそうです。

ライター:「アンドロイド村上」
私も駐車中に何度か当て逃げに遭ったことがありますが、一般車両保険に加入していたために事なきを得たことがあります。スーパーなどの駐車場では駐車場所により当て逃げやいたずらに遭う確率が変動しますので狙われにくい場所に駐車することも自衛策になります。
おすすめの記事