自動車保険をどこで加入するのかは意外と重要ですよ

クルマを購入すると入ることの多い任意保険自動車保険)は、取り扱っている場所が多くあり、どんなところで入れば良いのか悩みます。

保険としての商品は同じでも、誰と契約したかによって補償内容や事故対応などに差が出てくるものです。

ここでは、「インターネット経由」「自動車ディーラー」「プロ代理店(勤務先団体なども含む)」の対応を比較します。

それぞれのメリットやデメリットを理解して、自分にあった自動車保険の入り方を見つけてほしいと思います。

➤➤➤【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』

料金のやすさはピカイチ「ネット保険」

最近ではテレビCMも定着し、インターネットからご自身で自動車保険を申し込む方も増えていると思います。

私が自動車ディーラーで仕事をしていたときも、10人中3人はネット保険でした。

そのメリットはなんといっても「安さ」です。人によっては全く利用しない補償内容をどんどん省くことで、保険料は驚きの安さになります。ディーラーで接客していたときにインターネット保険の安さは脅威でした。

しかし、ネット保険にもデメリットがあります。

ご自身が大変自動車保険に詳しく、細かいオプションや補償内容の違いなどを理解して加入している方はいいのですが、補償が足りないというケースが散見されます。

必要なのに入っていなかった、入っていないことすら理解していなかったという項目が多いのが、「車両保険の免責事項」「事故代車修理代車費用」の2点です。

免責、つまり保険会社が責任を逃れる(補償しない)部分を増やせば増やすほど、保険料は安くなります。

例えば「自損事故は補償しません」や「10万円の修理費までは補償しません」といったものです。これを付けている感覚なく、契約されている方が多いです。

そのため、万が一の事故の際に使う保険なのに、保険が保険の体をなしていないことも多くあります。

ネット自動車保険を選ぶ際には、一度細かな知識を勉強してから、契約するようにしましょう。

万が一のときに頼りになる「自動車ディーラー保険」

クルマを購入する際に、おすすめされることが多いのが、自動車ディーラー扱いの自動車保険です。

ネット保険や団体保険と比べると割引が少なく、保険料が高くなりがちなのがデメリットです。

あまりメリットを感じることは少ないかもしれませんが、万が一のときに大変頼りになるのがディーラー保険です。

保険代理店を自動車ディーラーの担当者が勤めることで連携が密になり、万一の際はディーラーの担当者に電話すればすべてが完了します。

普通だと修理工場と保険代理店は別であり、その両方と連絡を取らなくてはならない部分が一箇所に集約されます。

また、プロ代理店は土日に休みのところが多く、車の利用の多い土日に連絡がつかないといったことが多くあります。ということは、土日の事故の際には代理店担当者につながらないということです。助けてほしいときに、助けてくれないというのは結構なストレスになります。ディーラーであれば土日は連絡が取れますね。

また、保険更新の際なども対面しての手続きが多く、わからないこともより多く聞ける、納得して加入できるという面がいいところです。

クルマのことはあまり良くわからない、保険もよく知らないから頼れる所が良い、土日にクルマを使うことが多いという方は、ディーラーの自動車保険のメリットを多く受けられるでしょう。

プレミアムブランドでは、専用自動車保険も多くあります。レクサス、BMW、メルセデスベンツなどが主なものですが、車両のオペレーター通信サービスを使って、ボタンワンプッシュで事故通報ができるシステムです。

GPSを使った現場特定もスムーズで、対応が早いです。こういったものを使えるのであれば、積極的に利用していくといいでしょう。

安くもできる?連携も取れる?プロ代理店

勤務先の団体保険や、親類、知人からの紹介などで加入するのが、プロ代理店自動車保険です。

団体保険の場合は団体割引の適用により保険料が安くなるし、親類や知人であれば気軽に相談もできるというメリットもあります。

前の2つのいいとこ取りのような気もしますがデメリットもあります。

まずは親の代からの付き合いとなった場合、自分自身その担当者のことを何も知らず、なんの信頼関係も持ってないまま加入している場合です。

これが結構多くて、親が付き合ってるからとりあえず入ってますというケースです。

この場合、直接の連絡もままならず、また、補償内容なども不明なまま加入しているケースが多いです。補償の見直しなどもできず、言われるがままに契約してしまうことが多々あります。

また、勤務先団体保険への加入の場合も同様に、契約内容をよくわかってないケースがあり、クルマを買った、買い替えたということが、すぐに勤務先に分かってしまいます。

クルマは大きな買い物ですし、プライベートなことを勤務先に管理されるのは嫌だと言う方は、避けたほうが良いでしょう。

どこで自動車保険に入るかのまとめ

➤➤➤【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり『保険スクエアbang!』

インターネット保険、ディーラー、プロ代理店とも三者三様にメリットデメリットがあります。

ご自身の知識や性格、ライフスタイルにあった、選び方をすると良いでしょう。

自動車保険は万一の備えですが、その万が一がいつやってくるかわかりません。しっかり備えて安心のカーライフを過ごせるといいですね。

ライター:自動車業界の中と外を知る「赤井 福」
自動車保険と言っても、金融商品に性格は似ています。しっかりとした知識と、信頼関係を持って契約することが大切です。安全安心のカーライフには絶対必要な自動車保険、しっかり選んで加入しましょう。
おすすめの記事