自動車保険の加入はダイレクト型・代理店型どちらを選べばいいのか

自動車を運転する上で欠かせないのが任意自動車保険への加入です。

以前は『代理店型』がほとんどでしたが、最近はテレビのCMやネットでよく見る『ダイレクト型(通販型)』が台頭してきています。

自動車保険を選ぶときに保険料の安さが気になりますが、補償内容や事故時の対応などが最も気になるポイントだと思います。

ダイレクト型』と『代理店型』の違いや特徴を知って自分に最適な自動車保険を選んでみましょう。

 

ダイレクト型(通販型)は保険料の安さと手軽さが人気

保険会社に直接契約者が申し込みをする形式が『ダイレクト型』です。外資系の保険会社から始まったダイレクト型ですが、最近は日本の生損保険会社も参入してきました。

ダイレクト型はインターネット上で見積もりや申し込みができるので、代理店を通すことによる中間マージンや保険会社の経費が少なくなり、『低価格での提供が可能』となっています。

しかし補償内容などを自分で決める必要があるので『自動車保険に対する知識をある程度持っている人』若しくは『加入したい自動車保険が決まっている人』向けの商品と言えます。

 

代理店型は保険の専門家に相談したりサポートを受けられる

代理店型』とは保険会社の代理として保険の加入を取りまとめる店舗で、契約者と代理店担当者が対面で保険に関することを交渉します。

代理店には保険業務のみを専門に行っているところと、自動車ディラーや修理工場などの業務の一環として保険業を営んでいるところがありますが、販売される保険には違いがありません。

代理店型なら保険の知識を持っていなくても、担当者が最適な自動車保険を選んで手続きをしてくれますしアドバイスを受けることができます。しかしその分保険料はダイレクト型より高価になる傾向があります。

ダイレクト型・代理店型のメリット・デメリット

ダイレクト型代理店型メリットデメリットをまとめてみましょう。

 

ダイレクト型自動車保険の特徴

  • インターネットなどで申し込み手続きが完結するので手軽
  • 自分で好きな補償プランを選択できる
  • 保険料が圧倒的に安い
  • 保険の知識がないと補償内容などを選べない
  • 事故などの交渉時に面識のない担当者がつくので契約者によっては不安を感じる

 

代理店型自動車保険の特徴

  • 保険のことを知らなくても担当者にアドバイスを受けながら補償内容を検討できる
  • 申し込みや継続の手続きは担当者が行うのでラク
  • 固定した担当者がいることが安心感に繋がる
  • 保険料が割高になる

なお、事故対応や保険金の支払いなどはダイレクト型、代理店型どちらも差がありません。

自分で補償内容を決められる人は保険料が安いダイレクト型が向いているようです。担当者がいることによる安心感を求めるなら多少保険料が高くても代理店型が良いでしょう。

ダイレクト型自動車保険を検討するなら一括見積もりが便利です。

 

無料_17社_自動車保険一括見積もり
あなたにピッタリの自動車保険が見つかります。自動車保険一括見積もり

 

自動車保険の一括見積もりを行うと、同じ補償内容でも保険料の違いがあることに気付きますよ。補償内容が同じであれば保険料は安いのに越したことはないので「自動車保険の一括見積もり」で比較してみることをおすすめします。

ライター:「アンドロイド村上」
自動車保険のダイレクト型、代理店型どちらにもメリットとデメリットがあります。ただ、どちらに加入しても事故時の対応や保険金の支払いは変わらないので、自分にとってお得になるほうを選べば良いでしょう。
おすすめの記事