結婚や離婚などによって名前が変わったら車検証の氏名を変更する

結婚離婚によって苗字が変わることは、女性ならよくあることです。その場合、車検証に記載されている旧姓を新しい名前に変更しなければなりません。

車検証の氏名変更手続き(変更登録)は意外と簡単にできて、自分でやれば安く済みます。

そこで今回は、車検証氏名変更手続き自分で行う方法について紹介していきます。

車検証の氏名変更手続きを行う場所

車検証の氏名変更手続きは、現住所(使用の本拠)を管轄する運輸支局で行います。

車検証の氏名変更手続きに必要な書類

所有者と使用者が同一名義のとき

戸籍謄本

市町村役場で入手します。発行から3ヶ月以内のもので、車検証記載の氏名から現在の氏名への変更が記載されているものが必要です。

委任状

運輸支局にあります。国土交通省のホームページからダウンロードできます。

所有者本人が申請を行うときは不要です。その場合は申請書に押印が必要です。

車検証

手数料納付書

運輸支局にあります。

自動車税、自動車取得税申告書

運輸支局に隣接している税務署にあります。

申請書(OCRシート第1号様式)

運輸支局にあります。

車検証記載の住所もあわせて変更する場合は下記の書類が必要です。

住民票

市町村役場で入手します。発行から3ヶ月以内のもの。

住民票は車検証記載の住所から現住所までの繋がりが分かるものが必要です。

車庫証明書

管轄の警察署に申請して取得します。発行から1ヶ月以内のものが必要です。

車庫証明書の申請に必要な書類や申請方法は車庫証明申請手続きを自分でやる方法を参考にしてください。

所有者と使用者の名義が異なり、使用者の氏名を変更するとき

使用者の戸籍謄本

市町村役場で入手します。発行から3ヶ月以内のもので、車検証記載の氏名から現在の氏名への変更が記載されているものが必要です。

使用者の委任状

運輸支局にあります。国土交通省のホームページからダウンロードできます。

使用者本人が申請を行うときは不要です。その場合は申請書に押印が必要です。

車検証

手数料納付書

運輸支局にあります。

自動車税、自動車取得税申告書

運輸支局に隣接している税務署にあります。

申請書(OCRシート第1号様式)

運輸支局にあります。

所有者と使用者の名義が異なり、所有者の氏名を変更するとき

所有者と使用者が同一名義のときの必要書類と同じです。

使用者のみ名義を変更するとき

新使用者の住民票

市町村役場で入手します。発行から3ヶ月以内のもの。

新使用者の委任状

運輸支局にあります。国土交通省のホームページからダウンロードできます。

新使用者本人が申請を行うときは不要です。その場合は申請書に押印が必要です。

所有者の委任状

運輸支局にあります。国土交通省のホームページからダウンロードできます。

所有者本人が申請を行うときは不要です。その場合は申請書に押印が必要です。

車検証

手数料納付書

運輸支局にあります。

自動車税、自動車取得税申告書

運輸支局に隣接している税務署にあります。

申請書(OCRシート第1号様式)

運輸支局にあります。

車検証記載の使用の本拠の位置が変わるときは下記の書類が必要です。

車庫証明書

管轄の警察署に申請して取得します。発行から1ヶ月以内のものが必要です。

車検証の氏名変更の手続き方法

必要書類が揃ったら現住所(使用の本拠)を管轄する運輸支局で手続きを行います。運輸支局で配布している書類はこのときに入手しても構いません。

運輸支局内に記載見本があるので、それを見ながら記入します。

変更登録手数料分の印紙(350円)を購入して、書類一式と共に窓口に提出します。

新車検証が交付されたら運輸支局に隣接している自動車税事務所に行き、変更内容が書かれた自動車税・自動車取得税申告書と新車検証を窓口に提出します。

以上で氏名変更が終了です。

氏名変更と合わせて住所も変更する場合、ナンバープレート変更作業が発生することがあります。その場合は運輸支局に車を持ち込みます。

ライター:「アンドロイド村上」
自分で氏名変更手続きをすれば数千円で済みますが、代行業者に頼むと2~3万円掛かってしまいます。氏名変更手続きは必要書類が揃っていれば半日程度で終わります。手続き自体も簡単にできるので、自分でやればかなり節約できますよ。
おすすめの記事